liry

ジョジョ・ラビットのliryのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.7
見たくて見たくて、ようやく。
全く新しい、戦争の描き方。
可笑しく、可愛く、恐ろしく、悲しい。
タイカ・ワイティティの描くポップな色彩と音楽とは対比的に、浮き彫りになる戦争の悲劇。
美しく、ユニークで、意志のある強い母を演じたスカーレット・ヨハンソンが最高に魅力的。
ナチスを盲信するジョジョが、たくさんの愛を知り、その固定概念を捨て、道を切り開く様が素晴らしい。
人を思う気持ちが戦争に打ち勝つ、名作。