髭ゴリラ

ジョジョ・ラビットの髭ゴリラのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.5
オレンジーナorダカラちゃんのCMのようなスタート、からのビートルズ!
一気にこころ持ってかれた...

こんな映画が観たかった。


とにかく映りと美術が綺麗。

そしてスカーレットヨハンソンが
見た目も役も美しすぎる。
そしてキュート。

反ナチス映画は何作品も観てきたけれど
ナチス側からの映しはある意味斬新。

熱心なナチス教徒の少年が
心の中に棲むヒットラーとの会話
そして、勇敢な母とユダヤ人の少女との
関わりから成長していくお話。

シリアスなテーマを
ユニークにコメディタッチに描く序盤。

中盤、内容を濃くするが故に
ややストーリーが静かにたるみ
若干眠くなったが
ユダヤとナチスの確執に迫りはじめると
深みに入っていく...

揺れる10歳の主人公の心。

フランス映画のように質感が
なんとも心地よく
しかし観る側の心にチクチクと針を
さすかのように進展していく。


いろんな伏線というかシーンが
後半どっと溢れるように名シーンとなって
心が引き裂かれそうだった。
蝶々結びの伏線は...もう泣けた。


前半がユニークだった分
戦争映画だということすら忘れていたが
後半の戦争シーンは釘付けだった...


戦争というどうしたって残酷な世界。
それなのにずっとこの映画の世界に浸って
いたくなった。

そしてどんな世界でも
心が自由であれば人は踊れる。
ぼくらはどんなときも
できることをやるだけなんだ。

なんて素晴らしい映画なんだろう。

確実に名作です。