ジョジョ・ラビットの作品情報・感想・評価

「ジョジョ・ラビット」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

4.7
“愛は最強。”

一足先に東京国際映画祭で今年一番映画に出会った。2019年トロント国際映画祭観客賞、これが映画だよ。Foxサーチライトロゴの鳥肌からエンドロールの余韻まで。最近シリーズ物の映画が多かった事もあり、この二時間という箱の中で最大のセンスをとメッセージを発信しようとする姿勢に泣いた。あぁ、ありがとう。

監督、脚本、出演を務めたタイカ・ワイティティの才能がスクリーンから溢れ出る。“ムーンライズ・キングダム”のような雰囲気、戦争とおとぎ話の絶妙なバランス、笑って泣いて感情はぐちゃぐちゃ、戦争映画の概念を根本から変えるように革新的。この映画はナチが悪いとか、ユダヤに同情しろとか最早そんなことがテーマじゃなくて、人間の滑稽で愚かな本質とそれでも尚、愛を信じてしまうという根本的なことだと僕は思う。

特に述べたいのは、スカーレット・ヨハンソンの本気を見たこと。彼女は最近アクション映画で活躍していたから、やっぱりこういう飾らない演技力を見せつけられると改めて素晴らしい女優さんだなと思う。食卓のダンスと、川辺での会話は2回目を観たらそこで泣く。靴へのフォーカス技法には本当にやられたし、劇場全員が息を止めた瞬間だった。

主演を演じたロマン・グリフィン・デイビス君の破壊的な愛おしさが映画全体を包み込んで、この尖ったテーマとは思えないほど心があったかくなる。エンドロールへの入り方は”そうくる”と分かってはいたけど、良すぎてもう胸が苦しい。4.5以上の点数をつけたのは“君の名前で僕を呼んで”以来2年ぶり。オールタイムベストに入るような映画がまた一つ増えた、これだから映画はやめられねぇんだ。アカデミー賞頑張れ!
き

きの感想・評価

4.0
公開前に、評論家の方々からはボコボコに言われていたようですが、個人的にそんなおプロさまの意見なんてものは全く参考にならないなぁと今回も思いました。つまりめちゃくちゃ良かったという事。
全編英語の字幕なしのため、ストーリーやカジュアルな会話くらいは把握出来ても細かいギャグは全く理解できなかった…のでせめて英語字幕付きならもっと面白かったと思う。それでも海外のギャグってツボが違うので何が面白いの?と思う事も多いだろうと思うけれど。笑

画の見せ方、40sファッション、キャラクターの魅力、コミカルに描かれたシリアスな戦争真っ只中のドイツ、すべてがバランス良く、良くも悪くもクセのない映画でした。
それでも、喜劇と狂気のコラボレーションって感じ。
おねショタのお手本みたいな作品
ぴ

ぴの感想・評価

4.9
笑いあり涙あり。
笑ってたけど、あの時代には別に面白い要素なんてなくて、当たり前に戦争して、当たり前にヒトラーを崇拝してたんやもんな。
セン

センの感想・評価

4.5
エルサきゃわいい
mendo

mendoの感想・評価

4.5
いいね
Jacky

Jackyの感想・評価

-
主人公を応援したい
ikumura

ikumuraの感想・評価

3.9
【熱狂の耐えられない軽さ】
舞台は戦時下のドイツ、主人公は立派なヒトラーユーゲントになりたい10歳の無垢な少年、ジョジョ。
彼には空想上の親友がいて、それはヒトラー。
ユーゲントキャンプでうまくいかなくて、いじめられても、
ヒトラーは分かってくれる、正義のおじさん。。

テーマだけ聞くと難しそうだけど、予告編通りのポップな雰囲気。
もちろん、シリアスにもなる(特に後半)。
それでもコミカルさが失われない、笑いと涙が交互に来る感じ。

冒頭、ビートルズのドイツ語版「抱きしめたい」をバックに、
若者達からロックスターのように迎えられるヒトラーの映像がいくつも流れるのがなんとも恐ろしい。

ドイツ人ではなく、英語圏の人たち(監督、原作者などはニュージーランド人、といっても複雑なバックグラウンドがあるようだが)、
しかも後世の人間が描いているところが気にならないでもない(スターリンの葬送狂騒曲と似た感想)
けど、
普通の倫理観の延長で生きてきた人たちが悪に加担していた、というのはナチズムを考える時に避けて通れない。

この映画のように、それをポップに扱うというのは賛否両論あるだろうし、
(キャプテンKの役どころなど、なかなか微妙なところかもしれない。
この作品の中では、いいのだけど)
実際アメリカの批評家ウケはさほど良くないみたいだが、
空想上のヒトラーの変化を通して少年の良心とナチズムとの葛藤が可視化されるというのはニクいし、
なによりお母さん役のスカーレットヨハンソン、彼が出会う少女エルザを演じるトーマシンマッケンジー(どういう役かは知りたければ予告編をどうぞ)などなど、
周りの役者もとてもよくてすっかり入り込んで見てしまった。
サムロックウェル(キャプテンK)も良かったな。
ヒトラー役もやった監督、タイカワイティティも芸達者すぎるっしょ。

なにより、ジョジョ演じるローマングリフィンデイビス、かわいすぎでしょ。
ラストシーンには見ていた僕のなかに溜まっていた感情が吹き出して両眼が。。いやこれ汗だから。。
KEIYA

KEIYAの感想・評価

4.7
タイカ・ワイティティ監督最新作。ヒトラーに憧れ、ナチスの子供訓練に参加した心優しい主人公のジョジョが、彼の自宅で母親が密かに匿っていたユダヤ人の少女を見つけてしまうという物語。

今年一笑って泣いて感動した最高の映画。初めは、ユーモア溢れるセリフと、監督自ら演じる空想のヒトラーで笑いばかり続く展開。このまま笑って終われるものかと思いきや、全く間違っていた。笑いから突然やって来た衝撃と涙、緊張感。思わずハッとして口を押さえ、言葉を失った。ここまで感情を揺さぶられた映画は少ないと思う。
また、キャスト全員が100%の仕事をしていた。ジョジョ役の子は新人ながら無邪気で子供らしく、観客みんなが愛し、同情する主人公を演じきっていた。
ワイティティ監督演じるアドルフも終始クレイジーでコミカルなキャラクター。冒頭はナチスを正当化するような展開で、笑いの的だったが、話が進むにつれて、このキャラに強い憤りを感じるようになった。
スカーレット・ヨハンソンは個人的に特に印象的だった。MCUをはじめ、近年はアクション映画スターのイメージが強い彼女が、母親役に挑戦し、その演技は自分の親を見ているように思わせる程のリアルで説得力あるものだった。
是非、老若男女多くの人に見てほしい作品。
>|