ジョジョ・ラビットの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョジョ・ラビット2019年製作の映画)

Jojo Rabbit

上映日:2020年01月17日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ジョジョ・ラビット」に投稿された感想・評価

前評判通りの傑作。
アカデミー賞でどうなるか楽しみ。

マーベルを引っ張ってきた監督とスカーレット・ヨハンソンが本物の実力者というのがよく分かった。

音楽も画もセンスがすごい。

この作風でこんなにも愛に満ちたメッセージを伝えられるのは唯一無二の物なんじゃないか。
こんなストーリーやアイディアは普通浮かばない気がする。

子役たちがみんな光っていた。
将来が楽しみ。

涙無しには観れない映画。
ぜひ劇場で。
とにかく10歳のジョジョが可愛い。子供から大人への成長の描き方が素晴らしい。靴紐に泣いたのは初めて。キャプテンKの最後にも涙。ママにも涙。エルサにも。アカデミー作品賞はこっちのほうがよかったでしょ!あと渡辺直美が出てるのかと思ったのは私だけ!?
ともき

ともきの感想・評価

4.1
好きだけど気軽には観れない。感じるままにダンスしたい
かず

かずの感想・評価

4.5
もっと癖の強い映画かと思ったら、とても気持ちの良い少年の成長譚だった。
グラ子

グラ子の感想・評価

4.6
ジャンルが戦争やったから結構重々しい話やと思ってたんやけど、そんなこともなく、だからと言って軽すぎるわけでもなく。

バランスの良い作品やったと思う。

脳内フレンドも時には厄介者になるよなあ。
それまで自分が信じてたものが急にそうじゃなくなったり。

いつの時代も噂を鵜呑みするのは良くない。

その点、ジョジョにはヨーキーのような純粋な心と大きな器を持った友達がおってよかったと思う。

なんか言うてること矛盾してる気がするけど気にせんとこ〜。


自分の考えを強要することなく、大きな愛で包み込む母親ロージーの温かさ。

キャプテンKの優しさ、そして覚悟。かっこいい。

エルサの瞳が綺麗やった。


作品を通して、ジョジョの心の変化・成長を見ることができてよかった。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.8
世界が平和になったらダンスがしたい!
そう思える映画

「全てを経験せよ。美も恐怖も。
生き続けよ。絶望が最後ではない」

ポップでジョジョの表情がほんとに可愛い
それといつもサムロックウェルは良い役するなぁ
スカーレットヨハンソンの演技は毎回見惚れてしまう。

子供目線の戦争映画、戦争映画を見ている感じがしない温かい気持ちになった。

ヨーキーかわいすぎるよ。。。

ヒトラー役の人が監督してるんやね!!
変わった戦争映画。登場人物がみんな戦争の亡霊ではないかと思って見てた。やっぱ子役がいいといいね!
経験して、生き続けないとならない。
どこかの明るい場所へ向かう。
けん

けんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

戦争を題材にしながらも軽快な演出のおかげで重苦しくならず観ることができた。

子供達に健やかに育って欲しいというメッセージに心温まる。

主人公のあどけなさと成長をひたすらに愛でる映画だった。
あとスカーレットヨハンソンが美しかった。

現行政府への批判だったり、今なお残る根強い差別主義を描いてたわけではなかったので、キャラクタに集中することができた。

戦争をコンテンツ化して軽視しているという批判も起こりそうだが、一方では映画として新しい切り口を提示しているようでもある。
ナチス映画が纏ってきた鬱々とした空気を壊す意図があったのではないだろうか。
emmy

emmyの感想・評価

3.9
重厚なテーマとメッセージを、こんなにも軽快に、時にシニカルに、単にお涙頂戴みたいにならずに描けるって、本当にすごい。人間という、どうしようもなくちっぽけな存在に対する大きな愛と、心からのエールを感じさせてもらった気がする。ありがとうございました。
>|