ジョジョ・ラビットの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョジョ・ラビット2019年製作の映画)

Jojo Rabbit

上映日:2020年01月17日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ジョジョ・ラビット」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.2
ブラックユーモアに溢れたナチス映画。

戦争モノを多く観ているわけではないのだけど、ここまで爽やかに淡々と愛しく戦時中を描けるのだと感動した。

戦争では正義、味方、悪、敵みたいな強い群衆心理がある一方で、個人個人にフォーカスするともっと小さな感情が渦巻いてる。そういう小さな小さな何かが光る、素敵な映画。

実は大した期待もせず、TVでコメンテーターが勧めてたな、ぐらいのノリで観に行ったのだけど、観て正解だったかも。

戦争映画で一番好きになったかも。
みや

みやの感想・評価

4.0

心やさしい少年が、
失ったものと大切なことに気づいていく描写。

当時、もしここにいたらどう思っただろう。
自分が同じ立場だったらどうしただろう。

ユーモアが入りながらの
ストーリーに笑いと涙で引き込まれました*
minnie

minnieの感想・評価

3.8
コミカルで色鮮やかな(アメリみたいな)作風が予想を裏切って良かった。
スカヨハの芯のある自由な母親像が素敵。
最後のシーンが好きだ〜
sasaki

sasakiの感想・評価

5.0
いい映画だった。それに尽きる。
オススメ映画リストに間違いなく加わる名作!
megumi

megumiの感想・評価

4.8
オープニングとエンディングが最高に良い。
ヒトラーはビートルズみたいに爆発的な人気があってキャーキャー言われてたっていう意味でオープニングにビートルズを使ったらしい
こんなふうに皮肉的にナチス政権下のドイツを描いてて、軽く観れるのにもかかわらずちゃんと伝わってくるものがあって久々に良い映画を観たと思った。
yuki

yukiの感想・評価

3.8
10歳という年齢に対しての認識の対比。
もう10歳。立派なナチだ。
まだ10歳。ナチの格好をしているだけだ。
秘密警察(ゲシュタポ)がheil Hiltering(挨拶する)と使ってるシーンなどコメディ色満載。
カラフルでかわいらしい街並みや色調。ポスターもレトロ感のあるデザインで好み。

絞首刑にされたレジスタンスから目を背けてはいけないとジョジョに説くロージー
Jojo Betzler: What did they do?
ジョジョ「この人たちは何をしたの?」
Rosie: They did what they could.
ロージー「できることをしたのよ」
ほ

ほの感想・評価

-
ヨーキーは長生きするだろうな
Taku

Takuの感想・評価

4.0
良かった、いい映画でした!!
「愛は最強」て書いてあったけどほんまその通り
最後の終わり方も素敵やった
ジョジョはいい大人になるだろうな〜
az325

az325の感想・評価

4.3
笑えて泣ける。
映画好きじゃない人に「いい映画」を聞かれたら、これをおすすめしたい。
ゆい

ゆいの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

お母さんが亡くなった所で泣きました。スカーレット・ヨハンソン適役すぎた。
>|

あなたにおすすめの記事