クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅の作品情報・感想・評価 - 30ページ目

上映館(1館)

「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」に投稿された感想・評価

一言で言うと、好き!
正に、奇想天外でハチャメチャな旅を通して、アジャが成長する物語。
優しい人がたくさんいて、ノリのいい音楽があって、思わず笑みがこぼれる、インド映画らしい、ハートウォーミングムービー。

誰にでも夢がある。
一人では叶えられないかも知れないけど、助け合って、困難にも立ち向かうことの大事さを感じた。
saki

sakiの感想・評価

3.8
初めて試写会に行って来ました!

タイトルが長すぎるのでは?と思いましたが、それはともかく話は面白かったです笑
パリやローマのオシャレな町並みから空の上まで色々な景色を見ることができて楽しかったです。難民キャンプなど社会問題を扱った部分もありました。

一番インパクトがあったのはイギリスの警官です笑

アジャのその後の物語も気になります。
こじま

こじまの感想・評価

3.8
試写会で観てきました!

インドの主人公アジャが、宿無し、金無しだけど憧れのパリに!

泊まるところがなくて夜のIKEAのクローゼットに隠れて寝ていたら、そのクローゼットがロンドンに輸出されて旅行者が一転、難民に…?!

カルマではなく自身の手でリッチになれるのか?!パリで出会ったマリーと再会できるのか?!という話。

お国柄ジョークや著名な観光地を巡って色んな言語を浴びて海外旅行気分です!

パリのずっと憧れだった家具屋がIKEAなのは笑うところなの???笑

メチャクチャ憎たらしいロンドンの警官を始めとする登場人物が濃すぎる!笑

あと個人的にイギリスとスペインでケンカしてるのが面白かった…笑

マリーもかわいいけど、ローマの姐さんがカッコ良すぎました♡

基本的に掘り下げないスタイルなので、流せない人はなんでそんなにヒロインに?とかなんで英語?とかいろいろ気になるポイントはあるかも。

ヨーロッパロードムービーとインドミュージカル映画のいいとこ取りした感じの作品でした!
Haruna

Harunaの感想・評価

5.0
【試写会】

フィルマークスやってて初めての試写会参加!そして記念すべき人生初の試写会!

とてもとても面白かったです!
数奇な旅であり波乱万丈な人生。
こんなことあるか!?てツッコミたくなる展開の数々だけど
なんだかんだインドパワーに押されに押されてなんでも良くなっちゃうところがインドの凄いところ。笑

だって途中警察官が歌って踊り出した所なんかほんと爆笑だった。
しかも真面目そうな人たちがみんなミュージカル風な事してるからシュール!笑

映画全体を通して
インドの風景やヨーロッパの街並みなど
景色が色鮮やかで綺麗だし、家具屋の家具たちやみんなの服装もパキッとした色合いで、とても観ていて気持ちいい。
それだけでも楽しめるかも。

さらに音楽もノリノリのキレキレでほんと最高だった。
インド人のダンスてほんと癖になる。好きだわぁ。

主人公のアジャがマジックが得意
ていうのもこの映画を魅力的にしている
大きな要素の1つ。

一言であらすじを言いたいけど
ハチャメチャすぎて上手く言えない!笑

とにかく貧乏で悪ガキだった少年が
ひょんな事から家具屋のクローゼットに閉じ込められてから
色んな国を旅して周り、色んな人と出会い
その事が彼自身を大きく変えた。
そしてその彼がたくさんの人に影響を与え彼らの人生を変えた。

まとめると、、、
ぶっ飛んでるけど最高に面白い、そんなお話。

+αでレビュー足すと
パリは不思議な力で恋が生まれる国らしいのでぜひ一度訪れてみたいと思った次第です。笑
主人公たちのあの出会いは強引だけど素敵だった。
わわわ

わわわの感想・評価

3.5
本日Filmarksさんの試写会にて、鑑賞してきました!

楽しそうな映画だなあと思って試写会に応募させていただいたのですが、予想を超える面白さでした。
人生は運ではなく、自分で切り開くもの。
うまく行かないこともあるし、ダメだと思っていても最高の出来事が起こることもある。
人との出会いを大切にしたいし、自分の人生が幸せだって思いたいなって思いました。
途中のダンスシーンは本当にハッピーな気持ちにさせてくれたし、ラストシーンもとても良かったです。笑えるところもあったし、とても楽しめる映画だと思いました。

ヨーロッパにいきたい〜〜

2019.17
ノゾミ

ノゾミの感想・評価

4.2
試写会で観ました!

って一回言ってみたかったんです、😌
後から知ったけど大いなる休暇の脚本の人なんだ、そりゃあ好きなわけだ!

観た後とってもきもちがいい映画でした!久し振りに映画館で声出して笑った😹突然踊り出すところもあってすごく楽しい!笑 けどがっつりインドインドしてるのではなく、お洒落な街並みや好きなカットもたくさんあって個人的には欧米映画といいとこ取りっていうイメージでした
アジャの子供時代めちゃかわいい、、
移民や難民の話は掘り下げているわけではないので詳しい人には物足りないかもしれないけど、私のような初心者にはとっつきやすかったです
最後の一言もすてきでした!タイトルで敬遠してる人や、アジャの移動手段がちょっとって言ってる人はもう一回観てください!🙇‍♂️
Yuzu

Yuzuの感想・評価

4.2
人との出逢いを大切に、夢や信念を追いかけたいと思わせてくれました。

ファンタジーに加え、難民問題や貧困の状況下におかれている人々など、現実問題に目を向ける機会にもなりました。

途中で入ってくるインド映画特有の歌とダンスはめちゃくちゃ最高です!!!
クローゼットで世界旅行?!?!

カラフルで楽しそうなジャケに惹かれ、試写会に行って参りました♪

95分と短めな尺に、ちびっとミュージカル、ちびっと世界旅行も詰め込まれ、ニコニコ出来ちゃうファンタジー☆

それ故、全体的に薄いけれど、なんだかんだちびっと楽しめますw



インド、ムンバイ。
青年アジャは、母が亡くなったのを機に、まだ会ったことのない父を探しにパリへ。

パリの家具店で、アメリカ人女性マリーに一目惚れしたアジャは、翌日デートの約束をする。

そして、泊まる所がないので、調度良い!とクローゼットで寝てしまった。

が、クローゼットはロンドンへ出荷!!
その後も様々な事件に巻き込まれ、スペイン、ローマ、リビアと渡り歩くことに。

この奇想天外珍道中がアジャにもたらしたモノとは?



う~ん。。。
これは邦題『アジャの不思議な旅(冒険)』とかで良いのでは?

クローゼットはロンドン行く時だけだし。
その他は、タクシーとか気球とか乗ってますw

インド映画らしく歌って踊って……
って、お前がやるのかよ(* ̄∇ ̄)ノ
なシーンは笑えた♪

あちこちで素敵な風景、素敵な出会いがあるのも良い。
そこで様々な人の運命を変える所も☆

そして、アジャも運命を切り開いていく……
のですが、薄い内容なので、ここら辺が適当過ぎてノレなかったー

当初の目的とか、マリーとか、色々忘れてないか?って展開で……

一番?だったのは、アジャが「ありがとう」ってほぼ言わないこと。

助け助けられ、にっこりして別れるのに、何故か感謝の気持ちが表れないんですよねぇ……
字幕になってないだけかもしれないし、インド訛り英語が聞き取れてないのかもしれないけれど。

"ありがとう"と"ごめんなさい"を言えない人間はどうかと思うので、ここに引っ掛かってしまいました。。。

全体的に薄味ラブコメ・ファンタジー。
さらっと綺麗な風景に浸りたい時には良いかも。
インテリア雑誌から世界の広さを知った彼。
まだ行ったこともない見たこともない大きな世界が広がっているんだと、ふと気づかせてくれるキラキラした素敵な映画でした。
Ruddy13

Ruddy13の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の"人は与えられた手札で生きなければならない"のワードにしばし考えさせられました。
アジャの旅の様子は終始飽きずに見入ってしまい、笑える和みシーンもあって音楽も良い。総じてさわやかに希望が持てるラストでした。
ヨーロッパ方面に旅行予定の人とか、これからなにかをスタートしようとしている人にもおすすめかもしれないですね。