クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」に投稿された感想・評価

他人を助けることの喜びに満たされたとき、自分の道に目覚める。そんなことに出会う旅。
megさん

megさんの感想・評価

3.4
インド映画に対する期待が大きすぎた。ドッカーンという感じはなかったな。

コメディーなんだけれど難民移民、強制送還などの国際社会の問題の比重も結構ある。

タイトル通り奇想天外でつっこみどころは多いのだけれど、明るいし、なんとかなってるところが楽しい。

リビアで再会した彼 バーカッド・アブディ、ああいう役がすごくいい。いい。
のん

のんの感想・評価

3.1
念願のパリに着いたと思ったら、いろいろ転々とする羽目になっちゃうインドの青年の物語。奇想天外というかファンタジーのような展開だけど、次はどこに行くのだろうかと思いながら楽しく観た。
人生は奇想天外で満ちている。

国境越えて、いろんな国や人が出てくる。
移動手段も様々。

ロンドンでへんてこなミュージカル出てきた。
ローマでのネリーとのダンス👍🕺

行ったことないとこに行きたい。

貰った恩は返すもの。
いつだってそれの繰り返し。
Tomo

Tomoの感想・評価

3.4
細かいこと気にしないで観る映画😊
インドにもパリにもローマにもリビアにすら行きたくなる。

インド人って、ああいう感じの人多いのかな?笑 でもアジャ好きだった。子役もかわいい♡
もちろんダンスも最高。ベレニス・ベジョさん、初めて知ったけど、素敵な女優さん♡二人のダンスシーンが最高でした。
なにげにイギリス人警官のダンスシーンもよかった〜。最初は何でこの人が?と思ったけど笑
インドインドしてないのがまたいい。
アジャが恋した相手、マリー役の女優さんも、私は好きだった。完璧じゃないのが魅力!

結局最後は「この話ほんとなの?」「重要な部分はね」みたいな感じで終わるのがまたいいなと思った。というか、そうじゃないと夢物語なだけの薄い映画になっちゃうと思う。

名言もチラホラ。メモメモ😊
パリに自分の父親を探しに行くロードムービー…だったはずなのに、ひょんなことから世界を行き来するインド人の話になっちゃってるわ!インドの主人公って機転がきくタイプが多いわよね。すき!
すー

すーの感想・評価

3.0
細かいことはどうだって良くて、こんな夢物語があったら素敵だよね、もしかしたら君の明日もこんな夢みたいな出来事が起きちゃうかもしれない。って思える映画。ほのぼのとゆるーくみるにはいい映画。

勿論お目当てのベレニス・ベジョは最高でしたね…「アーティスト」の時のダンスのキレは健在でしたし、何より美しい。
ね

ねの感想・評価

3.6
一見するとインド映画のように見える本作、実はインドだけではなくアメリカ等も制作に関わっているため、インド映画らしさを最小限に抑えている。最小限にすることで本作独自のバランスが生まれ、より一層魅力的な作品として仕上がった。

主人公のアジャが波乱万丈な旅をするロードームービーだが、アジャに幾度もの災難が降りかかり、鑑賞している私まで影響を受ける。しかし、アジャは壮絶な不運や災難に見舞われようとも前向きな姿勢を変えることはない。彼の行動の一つ一つから無償の愛を感じれる心温まる素晴らしい作品だ。
笑いもあり、エンタメとしての完成度が高いが、最後には、彼のセリフにメタ的な要素が含まれ、観客に満足させる効果を生みだす。本編時間を100分以内にまとめており、インド映画とは違った出来上がりに納得!
fumit

fumitの感想・評価

4.5
世界の、天と底に触れられる、温かいおとぎ話。
ジンワリ涙でした。
こんなジェットコースターみたいなお話の展開をよくもまぁこれだけ面白くなるまとめられるなぁと!最後は大拍手でした。