みっちょむ

新聞記者のみっちょむのレビュー・感想・評価

新聞記者(2019年製作の映画)
4.0
こういう映画が作られるようになり賞をとった事に良い意味で驚きを感じた。

内容はどこかで聞いた話ではないか…もちろん似た話である。モヤモヤしたままの良く似た話を知っている。
バイスでは国民の声を聞いていたら政治にならない、という身も蓋もない言葉があったが、この映画の1番の肝は民主主義は形だけでいいと言い切った所だろう。
この投げかけに鈍感でいて良いのか。
松坂桃李のラストの葛藤する姿、シム・ウンギョンのラストシーンの表情、2人とも素晴らしかった。
この作品を見ている我々が、人としてどういう道をとるかを問われている瞬間だと感じた。