トムトム

新聞記者のトムトムのレビュー・感想・評価

新聞記者(2019年製作の映画)
3.0
現政権に対する批判や直近の事件を映画した姿勢や志は素晴らしいですし、評価して応援したいです。
そして今作が日本アカデミー賞を受賞したのも良かったと思います。

しかし、志の高さやメッセージの正しさは必ずしも映画の面白さやクオリティを保証する物ではありません。

個人的に特に腰砕けになったのは終盤で明らかになる加計学園らしき大学が設立された真相です。

イヤイヤ、今までの流れからクオリティラインが明らかにおかしな事になってます。
「ムー」的な陰謀論になってしまった事により、それまでの現実の事件を想起させる事案まで同じリアリティラインに乗ってしまいかねません。

映画として政府の隠蔽をどんどんと暴いていくサスペンスの盛り上げや面白味に欠けます。

その為にラストに大ネタを持って行きたかったのだとは思いますが………

再三言っていますが、なぜ邦画で悪役は暗い所でパソコンをカタカタ、ターン!とやっているのでしょう。

日本政府がショッカーみたいな巨悪であるよりも、思考停止の上司への忖度の連鎖と部下への責任の押し付けが真相だった方が絶望感があります。

松坂桃李はこういう役は上手いですね。

シム・ウンギョンは銀行のOLでカラオケ熱唱しているのと落差がありすぎました。