チムてん

新聞記者のチムてんのレビュー・感想・評価

新聞記者(2019年製作の映画)
4.0
望月衣塑子の著書「新聞記者」を原案とした社会派サスペンス映画『新聞記者』鑑賞です。

劇中で描かれる、国家が国民を監視していた、情報を操作していたという事実は、怖いです、弱者の声が封殺され、命を落とす者が出ても歩みは止まらず、補償もなく、会見では口を濁すばかり、実際にニュースで言われてる問題といった事件の数々が、メタファーとして(確実にそれとわかるように)盛り込まれており、フィクションの形をとりつつも、凄い切り込んだ作品だと思いました。

外国映画では社会派サスペンスは『スポットライト 世紀のスクープ』や『タクシー運転手 約束は海を越えて』など素晴らしい作品がありますが、まさか日本映画でここまで出来たのは凄いですね。

記者・吉岡(シム・ウンギョン)が、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)とコンビを組み、政府が隠す“闇”に迫っていく話しです、松坂桃李の演技力は最近ますます磨きがかかってますよね、ラストの表情なんて目が物を言うってこう言う事かと思いましたね、暗い話しですが期待以上の作品でした!以上です。