新聞記者の作品情報・感想・評価

上映館(36館)

「新聞記者」に投稿された感想・評価

「新聞記者」面白かったんだけど、なんか腑に落ちない。こんなわかりやすく題材にしてネタとして利用した様にも思えるし、どちらかが正義だ!という主張にしか見えない。
多分みんなこんな事くらいは知ってるよね。
YukiMasuda

YukiMasudaの感想・評価

3.8
世にある事件の裏側はまさにこんなことなんだろう。
最後のシーンは、好きな方の余韻のパターン。
各々の解釈を映画終わりで交わしたくなる感触。
yucco

yuccoの感想・評価

3.9
意外とわかりやすく話がまとめられてて、ストーリーに入り込みやすかった。

本当にこんなことが起きてるんやろうか、
私は知らないことが多すぎる。

嘘かどうかを決めるのは国民だ。
確かにそうではあるが、何が真実で何が嘘なのか、見極めるのが難しいからこそメディアがあるのだが、それすらも圧力により信用できない。

フィクションなんだけど、フィクションじゃ無いのかと錯覚してしまう、この時点で絶望的なんだなと思う。

この国の民主主義なんて形だけで良い。本当にそう思ってる政治家がいそうで恐ろしい。
ヤマー7

ヤマー7の感想・評価

4.0
政府職員の責任の大きさに同情。
松坂桃李、いい役者になったね〜
大きい映画館で鑑賞。

杉原役の松坂さんは、表情や仕草など、細かい表現のお芝居が素敵だなと思いました。

上司である神崎さんの無念を自責として抱えているところがあり、新しい家族の誕生に妻と立ち会っていたシーンなんかはグッと来ました。

妻役の本田さんも、自分の寂しさを出さず、温かみのあり、包容力のある演技で存在感がありました。

多田役の田中哲二さんや神崎役の高橋和也を始め、好きな役者さんも多く出演されていて、非常に作品に奥行きがあって、とても楽しめました。
azu

azuの感想・評価

-
記録
3019.09.15
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.0
みんながなんとなく空気ばかり読んで、本当のことを見ようとしないこの時代に、こんな映画を撮るということに、まずは拍手を送りたい。
大きな流れとしては、確実に現実。見終わり、いつからこんな社会になったんだっけ、と思ったけど振り返ってもぼんやりしている。政府のことよりも私たちが考えなくなっていることの方が恐ろしいと感じた。
日本も、社会派の映画がもっと増えて欲しい。映画の力を示して欲しい。
050marnie

050marnieの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

タイムラグレビュー失礼します…

考えちゃいますやはり、、この映画は起承転で終わり、「あなたならどうする」って直球ブン投げてきます。
観終えたら現実はもっと映画よりも酷いんだろって思っている自分がいました。作り物みたのに、現実まだマシだねとはならずに…

ダブル主人公体制。記者と官僚視点。
記者が、リーク情報の真相を1人探求し取材していくうちに、官僚も協力者として現れてくるという流れですが、潰しにくる権力の描写がいいです、ガチで。吐き気を催すような人生の天秤をかけてきます…ぜひ楽しんでいただきたい。

孤狼の血も凄かったけど今作も最高の顔みせてくれた松坂桃李、出演作品はもう必ず観てしまいます。また観た後で知ったのですがシム・ウンギョンはsunnyの回想シーンを演じてたかたなのですね、少したどたどしい日本語もワールド規範からみたこの国の異質さ表現してる気がして良かったです。そして田中哲司こわい。

エンタメ的にも楽しいです、えっと疲れますけども。 増えて欲しいこのジャンル…できなくなって、観れなくなったら終わりですね!
>|