新聞記者の作品情報・感想・評価・動画配信

新聞記者2019年製作の映画)

上映日:2019年06月28日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

「新聞記者」に投稿された感想・評価

miumi

miumiの感想・評価

3.0
最後、、
Kady

Kadyの感想・評価

3.8
民主主義日本の闇
平坦な世界観の中に、渦巻く人間模様
韓国作品的な切り口の日本映画
yuka

yukaの感想・評価

-
誰と見たんだっけ
kata1094

kata1094の感想・評価

3.5
毎日Twitterするお仕事なのかな🙃

みれてよかった
ak

akの感想・評価

3.5
SNSやメディアによって情報を都合の良い物に変えてしまうことができる恐ろしさが面白く見れる。また、ジャーナリストの役割が権力の監視であるというのが改めて脳に刻まれた。
私達は国と家族どちらを守るか天秤にかけるとき、往々として家族を選びがちだが国を守ろうとした結果家族に良い影響を与えることができるという選択をした杉原の選択が残った。
政府の活動を自分でしっかりと監視して、自分の倫理規範に従って声を上げていく必要があると感じた。
まこと

まことの感想・評価

3.5
途中の緊迫感は良かった
主人公のキャスティングには、どんな意味があるんだろう。

設定的に沿ってるけど、滑らかじゃないのが引っかかって最後まで気になってしまった。

リアルだー!て思ったけど、映画においてリアルを感じるってなに?
なんも知らんのに。
Fuzu

Fuzuの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

考えさせられた🤔
Adele

Adeleの感想・評価

3.9
大人って汚ねえ!!!
を存分に味わえる映画。
別に味わいたくないけども。

最近覚えたことばで「両論併記」ってのがある。
誰かが真っ当な主張をした時、別の誰かが根も歯もない反論をする。
前者の主張がAとして、本来は並列すべきでないレベルの後者の反論Bが浮上すると、議論はあたかもA vs Bの二項対立になる。
例えばある女性が権力を持った男性からのレイプの被害を訴える。すぐさま誰かが「その女はハニートラップだ」と反論する。すると議論はその女性と男性どっちが正しいのか、となってしまう。
冷静に考えればレイプした奴が悪いに決まってるし裁かれるべきなのに。

今の世の中、(特に米国大統領選前は顕著だが)こういう目くらましだらけで本当にウンザリする。
リテラシーってなんだろ。「リテラシー」ってタトゥーで彫れようかな。

ちなみに加計学園の問題はどこまでノンフィクションなんだろう。

(全然レビューじゃなくなっちゃった。)
さちこ

さちこの感想・評価

3.8
・「嘘か本当かを決めるのは国民だ」私たち国民はこのカオスな情報の渦の中で何を信じ判断し生きていくべきなのか。

・「知りたい」「真実を届けたい」真実があるから嘘がある、嘘があるから真実がある。そのいたちごっこは終わることがない。

・悪を白日の下に晒した吉岡と、闇に葬った杉原が対照的。大切な人を、国を、平和を、自分の信念を守るとは?
>|