新聞記者の作品情報・感想・評価・動画配信

新聞記者2019年製作の映画)

上映日:2019年06月28日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

「新聞記者」に投稿された感想・評価

名もなき羊たちの震える覚悟しか、構造化された悪に立ち向かう術はないのか。
vagab

vagabの感想・評価

3.8
左よりの物語。
petipetite

petipetiteの感想・評価

4.0
正義は結局は権力に屈するしかないという現実社会で、虚無感に苛まれながら、それでも懸命に生きる人間の美しさ。
JS

JSの感想・評価

3.2
・総合点(+3.0)
・主演のシム・ウンジョンが好演。ちょっと変わり種だが、気骨のある記者をうまく演じている(+0.1)
・大きな注目を浴びた同時代の政治的事件を題材としている(+0.1)
akane

akaneの感想・評価

3.6
日本アカデミー賞全6部門受賞で、
amazarashiと横浜流星で2回も一緒にやってた監督の作品で。主役は松坂桃李。
って事で最近ずっと気になってたやつ。

国家とか政権とかそういうのはバカだし難しいから分かんないかなって思ってたけど
結構ストーリーも展開も分かりやすかった

最後の終わり方も、
一瞬誰しも、桃李飛び出した?って思うけど
直前のシーンは車側の信号が青から赤に変わってるんだよね。
絶望だけで終わりじゃなく、今後の選択肢も与えられてた訳だし
桃李の最終判断どっち!?って敢えて分からない終わらせ方良かった。

この公開前後公式HPが特定のIPアドレスからの集中アクセスによって何度もサーバーダウンがあったらしく、
サイバー攻撃ではないかって噂も怖いわ。
日本の国家の闇をフィクションで物語ってるけど、ノンフィクションぽくてリアリティーあるね。
ayak

ayakの感想・評価

2.8
評価が難しい作品。
特定の思想が強く反映されてるものは余り好きじゃない。
あくまでもフィクションとして映画を作るならば、現実での出来事を引用しすぎではないかと思った。

内容については余り触れたくないので、演出面と俳優の話を。
光の使い方が独特で、暗さを表現したかったのだろうけど、あまりに暗すぎて、リアリティがなさすぎたのが気になった。
松坂桃李はやっぱり良い。
仕事と家族とで揺れる心の葛藤がよく伝わってきた。
シム・ウンギョンさん、とても熱演されててよかったのだけど、どうしてもイモトに似てるのが気になっちゃって…ごめんなさい笑

最後がスッキリしない終わり方で微妙でした。
わかば

わかばの感想・評価

4.0
大きい権力を前に、人は正常ではいられなくなる。麻痺してどんどん変化していく。それを見て、葛藤があるが行動できない人、葛藤があって、必死で何か行動しようとする人、恩恵を受けていた権力がゆらがないように行動を防ごうとする人々、、、いろいろ行動の方法はあるけど、自分はあらゆる時、どこにいるんだろう、
権力はほんとうにすごい、人が吸い寄せられていく。だからこそ必然的に多数が権力側になってしまうのだろう。抗うものは少数派になる。

気をつけたいし、自分は違うと思っていても、いつも自分を信じ、疑いたい。

シム・ウンジョン演じる記者の父親が書いた、「誰よりも自分を信じ 疑え」がすごくささった。
ume

umeの感想・評価

3.9
『ことなかれ』社会=日本。

私もせめて選挙にはいこうと思います。
candy

candyの感想・評価

4.8
ホラーより
ホラーで

ヤクザより
ヤクザ

この国の民主主義は形だけでいいんだ

この作品のこの台詞
この映画の存在意義ではないのでしょうか
>|