すがり

ピースブレーカーのすがりのレビュー・感想・評価

ピースブレーカー(2017年製作の映画)
3.8
韓国作品のリメイクらしい。
日中韓はそれぞれ映画やドラマの雰囲気まるで違うのに結構貸し借りしてる気がするね。

元の作品は知らないけど今作は今作でかなり面白い。
その大部分は主演のアーロン・クォックにある。

彼自身がまずイケメンで目が楽しい、さらに彼演じるガオ・ジエンシャンのキャラクターが良い。
非情さや冷徹さがあるのかなと思わせた冒頭からのキャラ崩壊とも言える増し増しの愛嬌にばっちり心を掴まれてしまう。
その動きや表情がたまりませんのですよ。

イケメンで且つこういう演技ができる役者ってのが一番好き、彼に会えただけでこの映画めちゃくちゃ満足です。
まあ後で調べたら既に道士下山で出会ってたんですけどね、思い出せない……。

コメディだしと思って結構笑わせてもらったんだけどよく見たらfilmarksではサスペンスとかに分類されているようで。

確かに冒頭はそんな雰囲気もあったかもしれないけど人に勧めるならコメディでだなあ。