IPPO

ピースブレーカーのIPPOのレビュー・感想・評価

ピースブレーカー(2017年製作の映画)
4.0
待望の鑑賞!韓国映画『最後まで行く』のリメイク。主演がアーロン・クォックだなんて。

韓国版とどう違うんだろう〜と観てみたら、ストーリーはほぼ韓国版と一致。最大の違いは韓国版よりスタイリッシュ。舞台がクアラルンプールってのが良い。多国籍感な空気良し。なかなか良し。

たださ、アーロン様のお顔がイケメン過ぎるのが幸か不幸か、ドジを踏んで追い詰められる者のお間抜け人間味が感じられんのよねー。そう考えるとイ・ソンギュンって上手かったな。

アーロン・クォックってどこからどう撮ってもイケメンだわな 笑 素晴らしい。

韓国版でチョ・ジヌン演じる不死身モンスターは、本作では、日本の俳優でんでん氏に似ていて謎に前立腺症のためトイレが近い設定。モンスター感は韓国版の方が上。

トータルでのスタイリッシュさと軽やかさはこちらが上!韓国版と甲乙つけがたし。見比べるのをオススメしたい。