劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の作品情報・感想・評価

上映館(203館)

「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」に投稿された感想・評価

AKI

AKIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「君の名は?」

セクスィー部長は健在でした。

無性に花火を観に行きたくなる映画だった。
ジャスティスよすぎ、ゆいPおいしすぎ
尊いまじで
ひな

ひなの感想・評価

5.0
2回も見たのにまさかのレビューし忘れてた😱
ほんまに最っっっ高!!!🥺👏🏻✨
春たんと牧くんが最高に尊かった🙏🏻
真実の口のとこめっちゃ可愛くて大好き、真似したい🥰
サウナのシーンは面白すぎた、田中圭ガチで笑ってもてた感じ良きやった🤣
QUO

QUOの感想・評価

3.6
自身のBL好きを再確認
みこ

みこの感想・評価

4.5
笑って、泣いて、笑って笑った。甘々はるたんと牧の可愛さ、ごちそうさまでした。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

4.0
最強のファンムービー!これはドラマを完走し、愛してきた人々にとってのご褒美だ!ツッコミどころは満載だが、やはり面白い感情に嘘はつけない。

最初に申し上げますと本作映画としての評価がかなり難しいです。
ファンムービーとしては満点。俳優陣も見事で、ドラマ版から作品を牽引してきた中心人物たちは皆素晴らしかったです。
ただとにかく演出が酷かった…大人気ドラマの映画化ということで予算も潤沢に出たのかもしれませんが、持っていく方向を間違えたんじゃないかなと。
しかし、全体的に評価の高い作品なので、私の意見は少数派になってしまうかもしれませんが。
スコアについても今回4.0付けていますが、まだ迷っています。

以下、核心には触れないようにネタバレ要素含みながらレビューさせていただきます。

まずは盛り込み要素が多すぎて何の映画なのかというところ。
ドラマの延長線上で、全体的に文句はありません。多くのドラマファンが足を運ぶ作品について、あまり苦言を呈したくはありませんが、あくまで「映画として」の意見です。
冒頭の香港でのアクションシーン。意外性があり驚きはしましたが、撮り方や演出が雑だし、突然の戦闘シーンはいくらコメディでも意味がわかりません。カット割多すぎ。そんな作品だっけ?これ「おっさんずラブ」だよね?と。
あとは終盤の春田と会長令嬢が誘拐監禁される工場のシーン。爆弾が爆発しそうになって外に投げるわけですが、なぜそこに火の粉があがるの?投げた方向逆じゃね?意味不明。

あとは編集、演出のツッコミどころを以下に箇条書き。

・バイクに指輪を持ち去られるの春田の自業自得
・ジャスティスが春田にぶつけたバスケットボール、明後日の方向に行ったはずなのに、場面切り替わりでなぜか春田の足元に
・かなり大規模な花火大会で出店も出揃ってる川の側の絶景スポット、なぜ春田と牧しかいないのか?
・なぜそこにいるジャスティス?(花火のシーン)
・サウナが熱くなさそう
・サウナに置きっ放しの水を掛けられて「冷たい!」って冷たいの?
・春田が鳳凰山に乗り込んだ時、そんな都合良く重役揃ってるもん?
・監禁場所の炎の上がる場所(前述の通り)
・黒澤部長の“I'll be back”言わせたかっただけ?戻ってこなかったし
・ドラマ「西部警察」のオマージュで、武川さんメガネ外した直後のカットもうメガネつけてる、「え?なぜ外した?」

ほかにもあった気がしますが、とりあえず思いつく限り挙げました。
「ローマの休日」オマージュのシーンは最高に良かったですが、他の作品をオマージュしてる部分もただ使った感が多い印象でした。
とはいえ、サウナのシーンは本作で一番笑ったシーンで、あの場面だけでも何度でも観たいほどお気に入りです。上記はただのツッコミどころです。

ドラマの時から秀逸な脚本で本当に楽しませてもらいました。LGBT作品がハリウッドも含め増えていますが、本シリーズはドラマ・映画ともに同性愛だけに限らず、異性同士の恋愛、年の差恋愛など、幅広く散らかることなく盛り込んでいたのが素晴らしいと思っていました。
春田と牧、黒澤部長の三角関係だけでも面白いのに、蝶子さんと麻呂の恋愛もポイントポイントで入ってきて、ドラマ版ではちずちゃんの春田への想いなども甘酸っぱく本当にずっと飽きずに観れたんですよね。

苦言ばかり言ってしまったので、あとは褒めポイントです。改めて言いますけど、私このドラマシリーズ大好きですからね。先日やっと鑑賞したものの、一気見してしまったほどハマりましたからね。

役者陣は相変わらず素晴らしいです。
やはり一番のお気に入りは黒澤武蔵。今後吉田鋼太郎を見かけるたびに本作を思い出すこと間違いないです。一つ一つの表情や仕草をとっても、本当にキュート。記憶喪失になってからの春田に対する想いを告げるシーンから牧に対する対抗心、シンデレラシーンなどなど彼の笑わせるシーンの数々や巧さは抜群です。
あとは林遣都の演じる牧凌太。やっぱり巧いなぁと演技力の高さに唸らせられる上、浴衣が絶妙に似合っていました。
眞島秀和演じる武川さんはドラマ時代から気になっていた存在ですが、映画で益々好感度急上昇でした。部長に対する想いの強さしかと見せてもらいました。

逆に本作で巧いと思ったのは沢村一樹と志尊淳の使い方です。劇場版オリジナルの新キャラクターでしたが、沢村一樹の狸穴部長、志尊淳の山田正義(ジャスティス)は完全にゲイだと思わせられながらも終盤にその正体が明かされます。このミスリードは実に巧かったと思いました。

あとは内田理央のちずちゃんにはもっと出番与えてほしかったなぁ…。

とにかく言いたい放題言って、本作のファンから嫌われそうですが、改めて保身のために言わせてもらうと本シリーズは本当に好きです。満点つけたいぐらいですが、ツッコミポイントから差し引きしてのこのスコアになったってことで許してください(笑)
hotamilk

hotamilkの感想・評価

3.4
最後の最後の展開に爆笑しちゃった
ゆいPおいしすぎる

めっちゃ笑ったし見てて本当に楽しかったんだけど、もっとただの日常生活で幸せなはるたんと牧くんが見たかったなーという気が凄くする
あと最後ならちづももっと出して欲しかったなー!ちづちゃんが大好きすぎる

新シリーズ、牧くんじゃないの受け入れられるか不安、、、牧くん本当に大好きです
ピッピ

ピッピの感想・評価

3.5
んー、評価も良かったから期待しちゃってたからなのか・・思ったほどの満足度は得られずでした。
サウナのシーンは笑えた‼️
公開初日、平日にも関わらず満席だったのに驚き、これってそんなに面白いの?
恋愛系が苦手だったのでスルーしようかと思ってたんですがあまりの人気っぷりに興味を惹かれドラマ版がNetflixで配信してたので復習してから臨みました。
ドラマ版も面白くてハマってしまったんですが、その面白さを引き継ぐ形での劇場版、面白かったです。
物語の前半で部長が階段から落ち春田だけ記憶にないというあり得ない記憶喪失になりドラマ版を彷彿とさせるような春田をめぐるバトルが面白かったです。
沢村さんの紛らわしい行動も面白くて笑えます。
でも一番面白いのは、部長の吉田さんですね。
あの人には、誰も敵わないと思います。
まさかこんなにハマるとは思ってなかったので自分でもビックリですがまた映画館で観てみたい映画ですね。
上映してる映画館も少なくなってきてるので無理かもしれないけど応援上映行ってみたいかも。
>|