劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の作品情報・感想・評価

上映館(324館)

「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」に投稿された感想・評価

ゾンビZ

ゾンビZの感想・評価

3.5

同性愛っていうテーマをここまで明るく表現してんのは凄いね
もう、男とか女とか関係ない。全人類が見て欲しい、幸せになる映画だった。ひたすら面白いし、幸せが詰まった映画。
RIN

RINの感想・評価

3.3
ジャスティス!!!
1日3食

1日3食の感想・評価

4.0
好きな肉はハラミ〜〜

乙女な部長も顔芸の春田も小さい牧も全部素敵だった
ドラマ同様、めっちゃ笑ったー!ドラマのときははるたんが可愛くてしょうがなかったけど、映画ではなぜかまきまきがとても可愛く感じた。
まき

まきの感想・評価

3.3
ただ面白い。
部長がドラマではキュートな感じだったけど気概あるところが見えて良かった!
Haruka

Harukaの感想・評価

-
最高すぎて最高ぅ😭ってなった、色んな障害を乗り越えた愛はつよいです。あと蝶子さんとマロくんがやっぱり好きです。
ImaiH

ImaiHの感想・評価

2.3
はるたんでした!
kana

kanaの感想・評価

4.0
すきしかない
《おっさんにLOVE》

(あらすじ)

永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、帰国した春田創一。久しぶりに戻ってきた天空不動産営業所では、黒澤武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、新入社員・山田ジャスティスも加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。その側にはなんと、本社に異動した牧凌太の姿も。そして、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。激しく動揺する春田と、そんな春田を元気づけるジャスティス。さらに、あの日終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付いてしまう。

(感想)

映画館で久々に爆笑しました。友達と観に行って正解!ポップコーンつまみながら目合わせて笑って楽しんでました。

特にサウナのシーンは笑っぱなしだった記憶しかないです。ドラマ版に引き続き、とにかくハッピーになれる映画でした。

結構"愛の形"という部分で考えさせられたり、涙を流す人も一定数いて、不思議な気持ちにもなりました。

11月からは新しいおっさんずラブが見れるということで期待大です。
>|