yt

行き止まりの世界に生まれてのytのレビュー・感想・評価

4.1
かつて繁栄し今では「全米で最も惨めな街」とも言われているアメリカのロックフォード
そんな街に暮らすスケボー仲間ビン、ザック、キアーはみな家庭内暴力を受けて育っていて、逃げるように外へ出てスケボーが居場所となり彼らの救いになっている。
今作は監督・撮影・編集・製作を務めたビン自身も出演する、彼らのリアルな生活を写したドキュメンタリー。

貧困や暴力に苦しむ子どもや女性、あるいは男性たち、側から見たら「逃げて」と思ってしまうけど、逃げることはそう簡単なことではない。
また、子どもならその家庭の異常性にすら気づかないものだと思う。

早くに子どもが出来ていい父親になろうと仕事や家事を頑張るザックが、次第にパートナーに暴力を振るうようになってしまい… 自分がされたことを繰り返していることが苦しい。

どうしたら彼らを救えるのか、助けの手を差し伸べられるのか考えさせられる… やはり充実した社会保障や社会福祉は必須だと思う。

また、スケボーで並走しながら撮ったであろう映像など、爽快感がありスケボーの走る音はとても気持ちよかった。
原題はスケボーと絡めた「段差に気をつけて」と「格差」のダブルミーニングである“Minding the Gap”なのだけど、今作は邦題も好き。

20210