つるみん

スウィング・キッズのつるみんのレビュー・感想・評価

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)
3.8
試写会で鑑賞。

『過速スキャンダル』『サニー』『タチャ 神の手』のカン・ヒョンチョル監督最新作。彼の作品は全て鑑賞しているので、いつものテイストで素晴らしい映画を見せてくれるのだろうと思っていたのだが、思わぬ展開に開いた口が塞がらず、涙が溢れた。

1951年、捕虜収容所で形成されたタップダンスチーム。苦しい時代に国籍も身分も違う寄せ集め軍団がダンスで生き抜こうとする物語。朝鮮戦争という悲しい歴史とタップダンスを組み合わせたコメディありの歴史物である。

前半からさすが『過速スキャンダル』『サニー』の監督だ!と言うくらいのテンポの良いコメディ。歌と踊りを所々で挟む感じはミュージカルの感覚に近いかもしれない。そして本当に面白くなってくるのはタップダンスチームを結成する為のオーディションから。メンバーが決まってからは個性的なキャラが集結し、ずっーと笑っていたと思う。会場全体も笑いが絶えてなかった。

しかしあくまで本作は戦争映画。悲しい過去も伝えなければならない。そこからは韓国特有のシリアスな場面が続くのだが、カン・ヒョンチョル監督にしては珍しく、かなり攻めていた。監督作を知ってる自分は正直度肝を抜かれた。このようなテイストに仕上げた事により、新しいカン・ヒョンチョル監督が生まれた瞬間でもある。

音楽のセンス、ダンスの迫力等、大変満足ではあったものの個人的に4.0に満たなかった理由としては、メンバーそれぞれのキャラ像の深掘りであったり、絆であったり、そういった場面が非常に少なかった。チームとしての団結力であったり、ラストのタップダンスショーでももっと個性を出したダンスにすれば良かったのにと…。もう少し巧く仕上げられたはずなのにと悔しい。

The Beatles:Free as a bird
Benny Goodman:Sing Sing Sing
David Bowie:Modern Love