Rosso

スウィング・キッズのRossoのレビュー・感想・評価

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)
3.7
パワハラ云々で賑わってるアップリンクさんを支援したいとかいうわけではないんだがね、行ける範囲でここでしか上映してないから行くしかねえよなあ、ド・ギョンス拝みに。

まあ何というか、韓国映画だわ。
容赦ないね。せっかくド・ギョンス演じるギスくんダンスににっこりしてたら、スーッと血の気引く「あ、せや。戦時中なんだこの世界」と我に返るこの感じ。

センスある個がそれを活かして拍手を浴びることすら簡単ではない中、ジャクソン率いるスウィング・キッズチームをもう応援したくなるなる。
それだけに最高の舞台を終えて充実感の共有をした後がもうちょっと耐えられないっす。
物理的に心に穴空く感覚ね、いや〜そうだよなあ。
十分過ぎるほど背景描写あったもんなあ、そうか〜〜〜〜。

まあとはいえミュージカル映画とも言われる今作、タップダンスはもうお見事でしたね。
超格好良いっす。
漫画から出てきたような典型的なキャラのチャイニーズでさえ、タップダンスしてるシーンはなんかもう格好良い。
そして初めましてなパク・ヘスちゃんがこれまたいいんだわ。
ダンスだけでなく歌もいいし僕の目に狂いがなければたわわも凄そうでもう完璧だね。

しっかし人種差別は良くないねと言われ始めて半世紀以上経ってもなお今人種差別問題で賑わってますし、なんかこうゲンナリしますね。これが人の本質か、と。

ジャクソンの憂いを帯びた目が、すべてを物語ってるなと思いましたよ。秀作です。