つねひごろ

天気の子のつねひごろのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
3.5
※若干ネタバレ※

監督がメディアで答えていたように、賛否両論の出る作品。
人を選ぶ映画に感じました。

繊細かつリアリティのある作画・背景は見ていて惹かれるものがあり、音楽の差し込むタイミングや場面の動かし方の新海監督らしさは健在。

ただ、ストーリーは前作のような綺麗なハッピーエンドとは行かず、若干の苦さ残る結末でした。
個人的にはそれが監督らしさの一つでもあるのでこちらのテイストの方が好きです。

大人である立場から見ていると
主人公よりも、彼の近くにいる大人に感情を引き寄せられるのではないかと思います。

ストーリーは良い意味で厨二病感。
抗い難い世界の流れに、抵抗し続け1人の為に奔走する。ジュブナイルとでも言うのでしょうか。
基本の骨子は前作と同じのような感じです。
偶然出会った2人が次第に惹かれ合う中で、個人では抗えない大きなものに引き裂かれる。それでも愛しい人を救う為奔走し、最後は奇跡に近い形で救われる。

君の名は。のような涙を誘われる事は少ない映画でしたが、見終わった後にずっしり心に残る映画だったと思います。