くう

天気の子のくうのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
3.3
大雨土砂災害のニュースを見るたびに、今日観てきたばかりのあのシーンを思い出す。

この夏のこの天気を知っていて作ったわけではあるまいに、何というこの符号。まさに神の啓示。

こんな事になったらクセ毛大爆発だよ、と思いつつ、でも止まなくてもいいや。仕方ない。

「君の名は」と同じように運命に翻弄される2人を描きながら、でも、私は「君の名」の方が好きだな、とちょっと思ってしまうのは、恐らくこっちの方が子どもだからかな。

中高生の恋に永遠はほぼほぼないと知ってしまっている汚れた大人ですいません。

ストーリーの「意外性」も少なかったのよね。それもある。そして、大人目線だから反発してしまうシーンも多い。それもある。

でも、好きではある。

今回も、降ってくる空がひたすら美しい。