ゾンビZ

天気の子のゾンビZのネタバレレビュー・内容・結末

天気の子(2019年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます


映像美、音楽、童貞丸出しの淫入青春恋愛描写、伏線回収こんなの上手いのは周知の事実なので書く事無いけど小栗旬ハマり過ぎですわ・・・

終盤の命の恩人であり東京での育ての親である人間に銃口を向け発砲してまでもやらなくちゃいけない事に真っしぐらな主人公そしてその主人公を止めに入ってきた警官に取り押さえられてもついさっきまで息子同然の主人公に牙剥かれたにも関わらずその本気さに全てを察して邪魔すんじゃねえと助ける描写、そこに至るまでの走るシーンとか主人公をサポートしてくれた人達の優しさとか音楽に完全にやられて気づいたらめちゃくちゃ込み上げてしまった。
そっから後のシーンはファンタジー過ぎて涙も枯れました

自分にはそんな必死になってまで好きになれるような人と恋愛をしていないからそれも相まって羨ましさとか愛しさとか色々ありました。

やっぱ映画館はいいものだ真っ暗な中大スクリーンでしっかりとした音響設備の中集中して見られる数時間いいですよねえ