あがまる

天気の子のあがまるのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
3.4
新海誠ワールド全開。

さて、ワールドの要素である絵が綺麗ってやつ。
いや、綺麗っすね。っていう感想しかない。慣れって怖い。逆にいうと何か新しいところはあったのだろうか、、。

次に、泣かせにいく演出ってやつ。
いや、銃って、、いや、児童で生活って、、いや、、いや、、ってなってる中で、急にグッと来させられて危なかったけどもって感じ。

最後はRADさん。邪魔とかいう人もいるけど、全然いいと思う。歌詞で伝えてくるよね。
(海外の人は歌から(歌詞から)理解できるのだろうか。わかるようにするのは大変よね。アニメはもう日本だけで放映するのもではないから(文化として世界中で受け入れられてる。日本の成長輸出分野や)、そこらへんも考えてあげると、日本の新海誠から世界の誠になるじゃないかな。)


まとめるとこのなんとも見ている側が恐縮してしまう青臭さが売りなんだろう。。。
青くさすぎる、、、。って思う自分がおじさんになってしまったのだろうか。。

いや、面白いのだけど、新しいものは感じられませんでした。
君の名の呪縛大変そう(他人事)

僕は夏美ちゃんが好きです。

あ、ごめんなさい。おっぱいです。
嘘はいけません。
(巨乳な本田翼にさせるのズルくね?)