manami

天気の子のmanamiのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
-
天気は天の気分、なるほど。挨拶には天気の話題が欠かせないほど、お天気ネタ大好きな日本人。巧い題材設定だね。
高井刑事のビジュアルのクセがすごくて、それなのに梶さんのイケボっていうのが終始気になってしまう。
瀧くん!三葉! でも、てっしー達と四葉も? 気付けなかったなぁ、残念。
今作のキャラクターで言うと、なぎ先輩が一番好きだわ〜。てるてる坊主姿とか可愛すぎか。あの性格は末恐ろしくもあるけど、瀧くん達みたいに今後の作品でまた彼の成長した姿も見てみたい。
新海誠監督ですから、映像の精緻な美しさはもう語るまでもないくらいね。アスファルトに跳ね返る雨がとりわけ美しい。
ただ、いつも思うんだけど、食事シーンがそそられないのよね。食べ物自体も美味しそうじゃないし、食べてるキャラ達もこれが実写だとしたら「この役者さん、これ苦手なのに無理して食べてるのかな?」って思っちゃうレベルです。(この分野ではやはりジブリに追いつけてない!)
『君の名は。』は時間と空間のねじれの中に、ラブストーリーが組紐のように織り込まれてた。今作はもっとド直球ラブストーリーで、潔いまでのセカイ系。そして『雲のむこう、約束の場所』『秒速五センチメートル』『言の葉の庭』(『星を追う子ども』はあえてのスルー)の流れを汲む新海ワールドの王道をいってる。
終盤の振り切れちゃってる展開も監督らしい。RADWIMPSの曲も上がる、これが「エモい」ってやつかー的な。ストーリーに粗はあるけど、音楽も含めて私は前作よりも好きですよ。

201