ピエナール

天気の子のピエナールのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
4.5
映像がすごかった。
雨の描写へのこだわりを特に感じた。
新海誠監督の他の作品より、映像をよりゆっくり見せていて、作画を担当している人に対してのリスペクトを感じた。
ストーリーは分かりやすく構成されていて、新海監督の作品の中では、1番理解しやすい作品になっていると思う。それだけに「君の名は。」のような深みや、秒速五センチメートルのような哀愁を感じることはできなかったが、同監督の作品を単純に比較するものではないとも思う。