たなか

天気の子のたなかのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
1.5
説明されないことが多い。
主人公の家出の理由も、
伏線かと思いきやそうではなかった銃も
あの神社になぜあんな力があるのかも
なぜ晴れ女が生まれるのかも

「世界なんてどうでもいいから僕はあの子と一緒にいたい」というとてつもなくロマンティックなテーマの前ではそんなことはどうでもいいのかもしれないが。

主人公のあの選択自体は嫌いじゃない。
もっと前半の展開をキュッとして、後半はあの世界で生きていく彼らを見せて欲しかった。

釈然としないストーリーになんかそれっぽい大きな音楽を被せて誤魔化された感じ。