おときち

天気の子のおときちのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
2.0
『君の名は。』よりはRADWINPSのMV感が減ったかな。
まぁコレがコミの映画なんだろうけど、音楽は無くてもいいな。前作よりはマシだけど。

説明的な台詞・モノローグが多い印象。(歌の歌詞も)
そこまで言ってくれなくてもこっちで想像できるから大丈夫、って思っちゃう。
劇場でも小学生くらいの子ども達が多かったし、ターゲット考えるとしょうがないのかな?


テーマは「気候変動」なのでしょう。

台風15号や千葉の停電のニュースがあった週に行ったせいもあると思うけど、モヤモヤ感がすごい。主人公男子の最後の方の台詞とか。

でもそれだけモヤモヤして、
いろいろ考えさせられるんだから、観に行ってよかった。


プロダクトプレイスメントを否定はしないけど、ここまでがっつりだと、ちょっと興醒めしちゃって、ちょっと嫌だったかな。


キレイな(細かすぎる)映像で、RADWINPSのMVといろんな商品・サービスのCMを2時間見せられるためにお金払った印象。
バニラとか「マジかよ」って思った。


あと、銃はいらなかったな。