天気の子の作品情報・感想・評価・動画配信

天気の子2019年製作の映画)

上映日:2019年07月19日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

あらすじ

「天気の子」に投稿された感想・評価

イド

イドの感想・評価

5.0
すっごい楽しかった。
君の名はが好きだった人もちょっとややこしかったなって思ったひとも楽しめると思う。
すごく単純明快。
でいて絵はきれいだし寂しさもあるような。
素敵な映画。

良かったところ︰RADWIMPS最高!!

悪かったところ︰君のーそーぞーどーりだよっ。
おこげ

おこげの感想・評価

3.4
なかなか主人公に感情移入ができなかった
映像は言うまでもなく美しかったです
ヨハン

ヨハンの感想・評価

4.5
IMAXで観た
3年前に観たときよりも今回の方が大いに感動した
雨から晴れへの天気の移り変わり、花火のシーンが非常に美しかった

このレビューはネタバレを含みます

「君の名は。」に続きIMAXで鑑賞。

 東京の風景が前作よりレベルアップしているように感じた。東京住みの私にとって、行ったことある場所が鮮明に描かれるとリアリティの高さに驚愕してしまった。
 前作に比べて迫力にやや欠けているように感じたが、透明感のある音楽は前作共に素晴らしい聴き心地だった。

警察の人々のお粗末さがやや気になった。簡単に警察から脱出したり、拳銃の不手際などなど。
「君の名は。」からのスペシャルゲストも登場したり、ほだかとひなが再会できたのは嬉しかった。

今日の東京の天気が雨だってので、ベストコンディションで今作を見れたことに感謝(寒いけどね)。
どっひゃーって感じ
Mari

Mariの感想・評価

4.3
絵が綺麗で和む

このレビューはネタバレを含みます

新海誠IMAX映画祭にて。
都会で何でも揃って便利だけど貧しくて、有害な広告が普通に蔓延するディストピアと戻らない気候。
家出したら黙って警察に従って補導されなければならない、親が亡くなったら子供は施設に行かなければならない(まあ常識的にはそれはそうなんだけど)、「身分」を証明するものがなければまともに仕事にも就けない何処にも泊まれない、やっと逃げ込んだ先のラブホで食べた彼らにとっての「今日は豪華なご馳走」がただのファストフードやコンビニ飯。
どこかくたびれて冷たい大人たち(何故かほぼ男)に殴られたり追いかけられたり、もう大人になれよと説教された先で帆高が線路をひたすら走るシーンが好きでした。
3年前の公開時、帆高が家出する動機がいまいち理解できなかったけど、コロナ禍を経て何となく掴めた気がします。

新海誠「『ジョーカー』は『天気の子』を思い起こさせた。帆高が陽菜に会わなかったらどうなっていたか?
彼はまだ抑圧され、生きにくく、銃を持ってる。
帆高がジョーカーになったとまでは思わない。でも、抑圧されてきた人々が映画でヒーローとなる点で、現代の社会について同じ何かを語っている」
Haruki

Harukiの感想・評価

4.1

『天気の子』を大画面でみたくて、再上映IMAXに行ってきた。東京の街や大人や世間に中指をたてるだけじゃ終わらない作品は良いよね。RADWIMPSの音楽も好きよ。新作が楽しみ。





↓(2020/10/11 記)

1年ぶりに見返した
ほんとよくこんなもの作ったよな…

ラブホで安い飯をご馳走みたいに食って盛り上がるシーンや、マックが16年間で一番美味い夕飯だったとか、他にも痛烈に今の東京、社会を批判しながらも、セリフで多くを語らずに画だけで見せてくるの凄すぎる。

陽菜が生贄にされてること自体も
上の世代に無理やり気候変動という問題を背負わされた子どもたちの世代を描いてるんだろうし、
そこから帆高と陽菜が自分たちの幸せのために下す決断は現実世界と重ねてもそうなるよな…と思ってしまった。



歌とセリフどっちを聴かせたいのかわからない所とか、劇伴がイマイチピンと来ない部分があったりはするんだけど、日本で中々描かれなかった主題をやっとメジャーに持ってきてくれた嬉しさと、人間の醜い部分を描いてはいるものの、それでも美しく届けてくれた新海誠に感謝です。
つぼみ

つぼみの感想・評価

3.8
過去鑑賞記録
cog

cogの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

IMAXにて3回目!
新海誠×RADWIMPSを堪能しました。なんかもう音楽を聴くとかじゃない、浴びた。

賛否両論のある終わり方だけど、ハッピーエンドなのかバッドエンドなのかよくわからない感じが私にはぶっ刺さったし、3年間雨が降り続けてもなんだかんだで生きていく人間のしぶとさというかたくましさが好きです。
>|

あなたにおすすめの記事