天気の子の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「天気の子」に投稿された感想・評価

まの

まのの感想・評価

4.4
ラッドの曲無しでは映画の良さ半減してしまいそう。

新海誠の作り出す物語と映像とラッドの曲が相性良すぎる。

クライマックスでは泣いてしまった。

ラッドの曲がかかるタイミングや歌詞に尚更泣けて、本当に野田洋次郎は天才だと思った。

映像キレイだった。
AHDM

AHDMの感想・評価

4.6
話の細かい所までの理解は君の名はよりしやすかった
でも、話の壮大さとかなんかノリで楽しめる感覚は君の名はの方が良かった
ということで色々含めると新海誠の映画個人的に好きなのでスコアは同じで笑

ちなみに夏美より陽菜派です 笑
たなか

たなかの感想・評価

1.5
説明されないことが多い。
主人公の家出の理由も、
伏線かと思いきやそうではなかった銃も
あの神社になぜあんな力があるのかも
なぜ晴れ女が生まれるのかも

「世界なんてどうでもいいから僕はあの子と一緒にいたい」というとてつもなくロマンティックなテーマの前ではそんなことはどうでもいいのかもしれないが。

主人公のあの選択自体は嫌いじゃない。
もっと前半の展開をキュッとして、後半はあの世界で生きていく彼らを見せて欲しかった。

釈然としないストーリーになんかそれっぽい大きな音楽を被せて誤魔化された感じ。
映像と音楽が見事にはまり、最後まで観る者を惹き付ける、主人公の家庭の背景などは、モヤモヤしたままおわつたけど、二時間の中にまとめるのだから仕方がないかな?
個人的には、前作の方が好みです。
chika

chikaの感想・評価

2.2
君の名はって感じ
君の名はのキャラクターでてきたし

何を伝えたいんだろ、売れる映画を作りたいってのしか伝わってこなかった。
私の想像力が乏しいのかなー。
特段見る予定はなかったんですが、お友達に誘われて、劇場まで行ってきました。
私自身、新海誠監督作品は初めてだったんですが、まあまあ楽しかったです。

ストーリーはそこまで目新しいというわけではなく、雑に言うと、少年が好きな人と世界のどちらを選ぶかという話。
一時期アニメ界隈の記事でよく目にしたセカイ系という用語は、こういう作品にあてはまるのかなと思いつつ眺めていました。
私の先入観では、そうした作品は、好きな人を選んだ結果として世界が破滅へと向かうか、世界を救う代償として好きな人が失われるかの二者択一というイメージで、まさに本作は、両方の選択肢とも見せて終わるような作品。
主人公の選択について特にどうこうとは思いませんでしたが、話が常套的、かつ、甘めの方向に進んだなとは思いました。
噛みごたえはもう一つって感じでしたね。

では本作のウリは何だったんだと言うと、やはり美麗なアニメーション映像です。
ここは圧巻と言っていい出来でした。
アイデア自体の鮮烈さというよりは、そのアイデアを描写する力に感心しましたね。
描き込みは細密だし、カットが平面的でないので躍動感を感じます。
光る描写の神々しさや、透き通った描写の瑞々しさは特筆もので、この、透明感を魅力的に描き出せる表現力こそが、新海監督をスターダムに押し上げた要因の一つだったんだろうなと、大いに納得しました。
そう考えると、雨の東京は、監督の持ち味を見せるのにはピッタリの舞台でしたね。
見た甲斐があったと思います。

まあ、観賞してみて、良さもイマイチさも等分に感じるような不完全な作品だとは思いましたが、それはさておいても、独自の魅力を持った作品だと思いました。
こういうクリエイターの作品が、大きな規模でプロモーションされ、商業的に成功するということは、アニメーション業界全体にとっても良いことだと思うので、新海監督には頑張ってほしいです。
これまで興味なかったくせに現金ですが、宮崎駿みたいな不世出の才能を目の当たりにしてきた世代としては、新たな時代に、彼に比肩するような才能の出現することを期待してしまうんですよね。
今後も良い作品をお願いします。
s

sの感想・評価

-
泣ける。
展開が読めたとしても、泣ける。
王道で、泣ける。
すごいすごいすごい。
kanami

kanamiの感想・評価

4.5
アニメとかあんまり見ないけど、映像が綺麗だな〜って思えた!
世界にのめりこめたから、映画があっという間に終わっちゃった!
これは映画館で見るべきだね👀

君の名はよりわかりやすい笑笑
リアルワールドが舞台だと、没入感も増しますね

ニワカくんなので言の葉の庭と秒速とその前のやつも観ます、、、
N

Nの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

映画の構成、曲の入れ方が君の名はとほぼ一緒。
内容は、結局ずっと雨なんかい、とは思ったけど面白かった。
出てくる街とか商品とか物が全部すごい現実的なのに設定が非現実的すぎてちょっとギャップ。
瀧くんが思った以上にガッツリ出てきて、そこまで出なくても良くないかなぁとも思った。
声優誰なのかを知らずに行ったから良かった。もし知って行ってたらきっとその人の声にしか聞こえず映画に入り込みにくい気がする。