寝癖

2分の1の魔法の寝癖のレビュー・感想・評価

2分の1の魔法(2020年製作の映画)
4.0
 死について描いた映画は、同時に生についても語っていると思う。それらは、誰かの人生を祝福すること、人生にはどんな目的があるのかという疑問や、生きている間に人は、人の心にどのように触れるのか、といったことを描いている。だから、見る人に、とても美しい影響を与える作品に成り得ると思う。そして、なぜピクサーがこういうテーマに引かれるのかという理由は、いつも、映画を通して大きな課題を掘り下げたいと思っているから。生と死は間違いなく大きな課題で、多くのことを含んでいるし、それは普遍的な課題だと思う。

「オンワード」は、「前進する」ということ。この映画は、大人になることについて描いた映画。それから、この言葉自体が、アドベンチャーやジャーニーのような意味にも取れるから好き。この映画は、間違いなく冒険映画。また、発見についての映画でもある。だからタイトルの「オンワード」には、前進し、大人になり、成長する、というポジティブなアイデアが詰まっている。
「ライトフット」には何の意味もなく、ただ、ファンタジーの名前みたいに聞こえるからそうしただけ。
作品全体やデザインに、ユーモアが感じられるものにしたかった。
この映画は、とても感動的だけど、コメディーの要素もたくさん詰まっている。これまでは、コメディー的な要素のあるファンタジー映画はあまりなかったし、多くのそういう映画に登場したケンタウロスやユニコーンのようなクリーチャーを見ると、とてもシリアスで優雅に、美しく描かれている。なので、この映画では、あえてそうした要素を入れずに、もっと自由に楽しみたいと思った。エンディングは初めから決まっていた。

観客が映画を初めて観た時、バーリーはどこかイアンにとってトラブルメーカーで、失敗してばかりの人だと思ってほしかった。イアンにとって、問題を解決してくれる人である以上に、問題を引き起こす人だと。でもそれと同時に、気を付けないといけなかった。なぜなら、映画の最後には、観客がバーリーについて思い返した時、彼が実際には出来る限りイアンを助けようとしていたことや、無理をしてまでイアンを支えようとしていたことをわかってほしかったから。その行動がいつも成功しているわけではなかったとしても。重要なのはバーリーの意図で、それはとても純粋で、愛情にあふれていて、優しい。エンディングのネタバレにならずに、映画全体の流れを通してそうした道筋を進んでいくのは難しかった。でもそれが、本作において目指したもの。常に、バーリーがイアンを助けようとしていて、その彼の手助けが大抵は問題につながるように気を配っていた。そして少し話を複雑にするために、問題が起きるのは必ずしもバーリーのせいだけというわけではない、というのも見せようとした。もしイアンがバーリーの提案にオープンで正直だったら、物事は多分もっと良くなっていただろう。でもイアンはいつも兄から逃げようとしたり、言ったことと反対のことをしたり、兄の存在を隠したり、兄のようにならないようにしたり、彼の言うことに耳を傾けない。そうした行動によって問題が起こる。本作はまだ生きている人たちについての映画で、彼らが生きている間に自分が感じていることをしっかりと伝えることの大切さを描いている。
なによりも大切にしたかったことは、サポート(応援)するというアイディア、そして人生において、今の自分になることを応援してくれた人々に感謝するということ。
もう一つのテーマは、自分自身の直感を信頼すること。
父が実際に1歳の時に亡くなって、父がどんな人なのかわからないから、写真やカセットテープの声で、頭の中で自分のお父さんを作っていったのがきっかけ。「自分はお父さんと話したことがないからこのアニメを作った」って母に言ったら、「お父さんが亡くなる前にあなたは1歳で初めて言葉をしゃべったけど、それがお父さんに向かって『パパ』って言ったのよ」と言われた。

現代の世界や設定に、みんなが知っているファンタジーの要素にあふれたキャラクターを入れ込むのは、とても楽しいだろうとも思った。もし魔法の世界をやるなら、必ず現代を舞台にしたものにしたかった。映画のアイデアとなった兄弟や父、母との実体験がとても現代的だから。