コブヘイ

2分の1の魔法のコブヘイのレビュー・感想・評価

2分の1の魔法(2020年製作の映画)
4.0
近代科学の発展で魔法が失って久しいペガサスやマーメイドが普通の種族として生活しているファンタジーな背景を舞台にした兄弟のロードムービー。
あまり興味は沸かなかったけどムービーウオッチメンの課題になり、オリジナルストーリー作品であることを思い出して応援すべく観賞。すこぶる感心して感動してきました。
オタクだけど個性的でとにかく陽気なお兄さんとシャイで誕生日を機に社交的にいきたい弟の凸凹コンビが実に良い。
特にお兄さんは魔法を使えるのが弟だけと解ってサポート役になるのが新しい。
カードゲームに書いてある説明は魔法の歴史だとして進む展開は人によってはご都合主義と感じるかな?
自分はお兄さんに引っ張られて、時に魔法を練習しながら待ち受ける障害を乗り越えるのを楽しみました。
中盤にはそんなお兄さんが怒る展開から、再び兄弟で魔法のアイテム探しを続けてからのクライマックス!
その直前の、さながらオセロでパタパタとひっくり変えるような伏線回収の気持ちよさは絶品。
お母さんも巻き込みながらの大アクションに意外な形でのお父さんとの再開に涙涙。
監督の個人的な家庭事情を基にしたらしいですが、それをここまでオリジナルなエンターテイメントにするピクサー、恐るべし。
出来ればクリプラとトムホの掛け合いが聴きたかったけど吹き替えも良かったです。
何となく全力少年も合ってたと思います。