黒い司法 0%からの奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

「黒い司法 0%からの奇跡」に投稿された感想・評価

Toru

Toruの感想・評価

4.3
アメリカでは死刑囚10人の内9人が執行。
残り1人は冤罪。

恐ろしすぎる数字。
akihiko810

akihiko810の感想・評価

3.8
「貧困の反対は富裕でなく正義だ。」

ノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作。主演はマイケル・B・ジョーダン。

黒人への差別が根強い 1980年代アラバマ州、犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士ブライアンは無罪を勝ち取るべく立ち上がる。しかし、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正がブライアンの前に立ちはだかる。

娯楽映画なのかと思っていたが、バリバリの社会派映画であった。
「グリード」主演のマイケル・B・ジョーダンが好演。刑務所で検査のため服を脱ぐシーンがあって、ムキムキの裸を披露し、「なんで弁護士でこんなムキムキなん」と笑ってしまった。
しかし映画の内容はとても重いもので笑えるような内容ではなく、かつてのアメリカ司法の闇と対峙する様を粛々と描いている。
のき

のきの感想・評価

3.4


人種差別はいつ無くなるんだろう。
古い考えが根強く残り続けてる。
白人はそんなに偉いんかよ。
こうやって行動を起こしてる人が
沢山いるんだよってゆう事実はもっと
世の中に知られていくべき。

この映画期待しすぎてたから淡々としてて
物足りなさはあったかもしれない。
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

4.1
衝撃的なのはこの作品は事実をもとに作られており、その舞台となる日付は今からさほど昔じゃないこと。

映画それでも夜は明ける等を見ると昔は奴隷制度があり酷い時代だったのだなとどこか他人事のように考えていましたがそんな事はない。

差別は色濃く残っており、今も尚酷い差別でまともな人権も得られず苦しむ人がいることをこの映画を見て気付かされました。

アラバマ州だからアラバマシェイクス!フー!かっこいー!と思っていた自分を今恥じています笑

有色人種である私も状況等は違えど同じ立場である事を忘れずにいたい
マジでアラバマ物語。もう起こらないでほしいこういうこと。白人に対する悪いイメージさ、この手のもの見過ぎて膨らまされてる。マイヤーズ含めみんなただのイケメンになっていく、そこまで長すぎ、つまり泣くしかねえのよ
アラバマ物語の舞台となったアラバマにて、黒人死刑囚の冤罪事件の話。
冤罪だとひっくり返すのは、どの国においても容易ではないだろう。
ましてや人種差別の根強いところではなおさらのこと。
逮捕の理由があまりにも、雑で稚拙。
あれで死刑になるのなら、誰もが濡れ衣を着せられてもおかしくない。

さて、映画自体の印象は…
どこまで事実に忠実に描いたのかは分からないが、映画は心に迫る描写が物足りない。
尺が長い割に、状況がひっくり返るのが、ややあっさりしている。
検事の風向きが変わる主人公の決めセリフは、最初にそこ指摘しとけよって内容。
もはや古典だが、グレゴリー・ペック主演のアラバマ物語の方がまだ面白い。
ただ、死刑執行シーンは、緊迫感があって目を見張るものがあった。
みどら

みどらの感想・評価

3.0
上手くできすぎてると思ってしまった。。。
iii

iiiの感想・評価

4.0
ザワッとする。心に鳥肌が立つ。
tea

teaの感想・評価

-
これ、つい最近の話ですよ?
Marple

Marpleの感想・評価

3.8
大好きな逆転モノ

まだまだまだまだ有色人種の差別は
なくならない

色んな差別が根強く残る
もちろん日本にも
>|