motoi

犬鳴村のmotoiのレビュー・感想・評価

犬鳴村(2020年製作の映画)
3.0
さて、「呪怨」の清水崇監督、期待のジャパニーズホラーです。でも私は監督の作品は代表作「呪怨」はおろか、一本も観たことないです。
昔観た「呪怨」のプロモーション映像?のインパクトにやられて、いまだに本編は観れずにいます。
今でこそ「呪怨」の和製ホラーに与えた功績は知れ渡ってます。それに「貞子VS伽椰子」でしたっけ、「ジェイソンVSフレディ」みたいな、もう怖くもなんともない、ある意味パロディみたいな作品が作られるまでにキャラも浸透してますよね。でも出た当時はよく知らんし不気味で怖かったのなんの。ビデオ版でしたか、確か。伽椰子が階段から降りてくるんでしたっけ?あとは名前知らんけど白塗りの子供…

まあ、そんな傑作「呪怨」の話は置いといてこの作品です。

観た感想は、怖さはそれなり、ストーリーに重きを置いた作品ですかね。
不気味なトンネルとか、朽ち果てた寒村とか雰囲気はばっちりです。そこに呪いとかの要素がどう絡んでくるのか?!と期待してたんですが…
呪いの及ぼす影響や範囲の基準がはっきりせず、なんか腑に落ちない。
それに予告編を越える怖さは無かったかなと。てか予告編で見せすぎ(^_^;)

その分、なぜ呪われたスポットになったのか、その地に秘められた謎に迫る主人公の境遇をしっかりと描いていて見応えはあります。
また主演の三吉彩花さん、「ダンスウィズミー」のようなコメディな演技も魅力的ですが、こうした緊迫した作品でもそつなく演技されてて良かったです。
反面、他には印象に残る要素は見当たらず。

結末も見終わった時は、きれいにまとまってるような気がしたんです。でもよく考えてみると、ん?結局どういう事だ?と考察してしまう、そんな出来ですね。