犬鳴村の作品情報・感想・評価・動画配信

「犬鳴村」に投稿された感想・評価

点数が低く酷評を多く目にしていたので、まったく期待せずに観たせいか、ふつうに楽しめた。
「怖くない」って聞いてたけど、投身自殺やボーッと突っ立っている幽霊など個人的にはじゅうぶん怖かった…。
ストーリーは複雑とか難解というよりも、ただ単純にわかりづらい。何度か巻き戻してしまった。
元ネタは有名らしいが知らなかったので、あとで調べてみよう。
RAMPO

RAMPOの感想・評価

2.2
さて…、どうしたもんか。

中田監督にしろ本作の清水監督にしろ、もう過去にJホラーの傑作・名作を生み出した偉大な監督たちの業績、それはそれとして、純粋に作品のクオリティに着目して観るべきなのでしょうね。

でもネームバリューってどうしても付き纏うじゃないですか。
もう何度も期待と落胆を繰り返し、意識しないように努めていたとしても、無意識のうちに作品のハードル上げちゃってるじゃないですか。

画的には終始、ジトッと湿った質感があって、地方の山間部の町の独特なロケーションと相まって、良い雰囲気ではあります。
カメラワークもまぁ手慣れた感があり、安定してる気はします。

でも肝心の、怖いか?っていったら、怖くない。
何でだろうって考えてたんだけど、肝心のシーンで、せっかくの絶好のロケーションが全く活かされてないうえに、怖さを感じさせる演出が全くもって上手くない。
テクニカルには、色々と駆使されてるのでしょうが、残念ながら私には怖さが伝わってこなかった。

大小随所に突っ込みたいところは数知れず、でもとにかく一番は、やはりこれは脚本の問題かな。
清水監督ってネームバリューに犬鳴トンネルっていうネームバリューを重ね、さらには最近流行のマルチバース的要素も取り込んでみたけど、出来上がったのは訳分からんヘンテコな怪物でしたって感じ。

まぁ感じ方は人それぞれ、面白いと思う方も居られるでしょう。
でも私なら、親に自分の子供(つまり親にとっては孫)を殺されたら、その親を絶対許すことはできないと思う。
upakun

upakunの感想・評価

-
面白い。
中盤あたりでだいぶオチを理解できたが、同時に良くできた設定だなと思った。
分かりやすい部類に入ると思うが、寧ろ人間の怖さ妬ましさがよく表現されていたと思う。
エンディングロールまでしっかりと余韻に浸れる良い作品だと思います。
見ず嫌いで保留してる人は見ても良いんじゃないかと思いますよ笑
K

Kの感想・評価

1.5
びっくり系?
ストーリーが分からなくて途中でやめた
もう見ないかな〜

怖いんだけど、草って感じ。

消えた村的な設定はいいのに。
怖いとは感じなかった
おろ

おろの感想・評価

1.7
保存用
きょう

きょうの感想・評価

2.5
掴みはかなり良かったが、途中からファンタジー要素多くなって理解に苦しんだ
最後はかなり面白い終わり方
ちょっと酷いな これ。
怖さは皆無。
ホラー苦手な人が観ても何の心配もない超安全設計。
展開はわかりやすい。
いや、褒めてるんじゃなくて次に何が起こるかがすごくわかりやすい。
役者もな〜 高嶋政伸は父親の威厳ないし
高島礼子も中途半端だし
良かったの寺田農と石橋蓮司くらいだったな。
そんで ここ20年以上 連綿と続く主演女優が途方もなくデカいってジャパニーズホラーの伝統なんなの!?
この映画の主演女優も巨大すぎるわ!
他の共演者もセットも運転してる車もぜんぶちっちゃく見える。
もちろん犬鳴トンネルもすごくちっちゃくなってた。
こんな巨大なヒロインが身を屈めてヒーヒー言ってもまったく危機感がない。
お前なら勝てるやろって思ってしまう。
とにかくちょっと酷いな これ。
>|