キネペン諏訪拓磨

火口のふたりのキネペン諏訪拓磨のレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
5.0
ワンスアポンアタイムの次に鑑賞したおかげで逆に、これだよこれ!な満足感を手に入れる事が出来た。ワンスも最高だけどやっぱり映画はこっちが好きだ。
20本に1本ペースで姿をあらわす「瞬間」を捉えた映画だと思う。どういうロジックでそれが現れるのか、まだ言語化出来ていないが、「瞬間を捉えた」というのが今のところ最もしっくりくる感覚なのである。
そしてとりわけそれを感じたシーンが1つある。
ケンちゃん(柄本佑)とナオコ(瀧内公美)が隙間ファックを小学生に見られた後、2人が道に出てきて会話をするシーン。
本当になんでもないシーンなのだが胸に何かがぶわっと沸き起こったのだ。
感動とかそういう感じとはまた違う、えらいものを見てしまった感。それは作品の質とかじゃなくて、なんでもない人の生を垣間見ることができた喜びみたいなものだと思う。
適切な言葉が思い浮かばず申し訳ないのだけれど、同じ感覚を覚えた人がいれば是非教えてほしいです。