たなふきん

火口のふたりのたなふきんのネタバレレビュー・内容・結末

火口のふたり(2019年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

ところどころエッ!?っていう演出もあったけど概ね好き。
私は他人がごはん食べてるのを見るのが好きで、だからもちろん映画の食事シーンも好きで、たくさん見られて嬉しかった。食事はエロい。あと、蛇みたいな体、っていう表現が絶妙。あの関係性のレベルにまでいけるカップルは無敵だよな、そりゃ元に戻りますよ。
でも近親相姦の種あかし?は、これじゃあ男女の普遍的な話じゃなくなっちゃうじゃんよー、特殊な関係性じゃんよーーー、と思ってしまってちょっと寂しかった。
気持ちいいほど倫理観を無視してて、あーフィクションの醍醐味だなあー、と思った。川上未映子の詩で、世界なんかわたしとあなたでやめればいい、そしてもう一度、わたしとあなたでつくればいい。っていう一節があるんだけどまさにそんな映画。だいぶエロい映画を観たはずなのに観賞後はスカッとした気分になった。