争議場職員

火口のふたりの争議場職員のレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
2.5
年内過去分
"震災"も"火口"も、因縁過去も、脚本の軸/真顔の"本題"は実質どうでもいい添え物で、寧ろしょーもない茶目っ気こそが白眉。"抜かない"状態でのヨチヨチ移動、鍵落とし、陽光を浴びる開股男の背中…豊穣な細部。美味い飯。体位と撮影位置、動線…性行振付の映画。面白い、特に前半は。