ラフロイグ

火口のふたりのラフロイグのネタバレレビュー・内容・結末

火口のふたり(2019年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

社会問題に対して向き合うことを強いられるが、結局は肉欲に溺れる現代日本人をリアルに描いていると思った。
直子は、震災や自然災害のことを考えたり、子どもを産もうと思ったり、保育士になって子どもを育てようとするが、結局はけんちゃんとのセックスに溺れ、不倫、近親相姦、青姦の三コンボに興奮を覚える。

世間的に見た倫理観よりも、「体の言い分」を聞いてしまう。

震災、自衛隊(集団的自衛権)、特定秘密保護法、富士山の噴火など、今の日本の社会問題が色濃く取り入れられていて、しかし男女が住んでる田舎や旅行先の風景などはどこか昔染みていて夢みたいで、その対比が面白かった

セックスシーンが生々しくてとてもよかった。玄関先で交わって、挿入したままベッドに向かうシーンとか、どこか滑稽で面白かった。

自衛隊の夫は"鉄板みたい"けんちゃんは"蛇みたいで、時々ムチになる"という直子の比喩もよかった。

けんちゃんが直子の性格を鋭く理解するのも面白かった。「他人の目があるところでヤると興奮する」とか「震災でそれほど被害を受けなかったので、負い目を感じて自衛隊と付き合った」とか、直子自身が自覚していないことに気づいている。いとこだからこそ直子を理解出来るのかもしれない

タイトルにもある「火口」とは、ふたりが心中しようとした富士山の火口という意味もあるが、ふたりの恋に再び火が付きそうで、付いてはいけないギリギリの口火も表していると思った。けんちゃんの「火をつけたのはお前だぞ」というセリフから読み取れる。
また、地震がきたときにふたりがハンバーグを焼いているホットプレートがやけにパチパチ音を鳴らしていたのは、ホットプレート(火口)を囲み死の縁にいるふたり=富士山火口で心中しようとしていたふたりという風に過去を反復していたのではないかと思われる

途中けんちゃんがビルの隙間を見てそこでセックスした思い出を回想するシーンは面白かった。回想にセックスシーンを取り入れるのはなかなかない

途中「亡者踊り」をふたりで見るシーンがあったが、確かに"死後成仏しきれないで踊る亡者"と、"富士山の火口で心中したあと、尚も交わるふたり"には共通点があるし、亡者の流れの間を横ぎるふたりは、三途の川を渡っているようだった。
その後入ったバーで亡者踊りの踊り子さんが、隠していた顔を露にして店でくつろぐシーンがあるが、何かを意味しているのだろうか。ふたりが歩み寄ることで死後の諦観から蘇ったことを表しているのだろうか

途中けんちゃんが「中出ししちゃった」などと言ったのは、直子が「子どもを産むために結婚するし、世間のために子どもを早く産みたい」と言ったのを受けて、中出しして子どもができたら結婚できる=結婚したいという心情が現れているのではないかと思った。

直子の、"富士山が噴火して、夫と別れた"というのが何を表しているのかもっと読解したかった。富士山のポスターをふたりで広げ、それを上からのアングルで撮り、けんちゃんの方からそのポスターが丸められていくシーンはどこか象徴的だった

最後過去に交わったビルの隙間でもう一度やり、それを子どもに目撃されるシーンがあったが、それは直子が産み育てたいと思った子どもに悪影響を与えているという点でいかにも皮肉だった

エンドロールを見て、出演者がたった二人だったことに初めて気がつき驚いた。二人芝居にしては密度の濃い内容だった。親、直子の夫、けんちゃんの嫁、なとが、直接出演しなくても想起できるのが上手いと思った

現代日本では、"環境に気を遣う"、"プラトニックな恋愛からの結婚"、"子どもを産む"などの倫理観が求められ、それらは重要なことではあるが、倫理観では語ることのできない確かな身体性、時にはアブノーマルな性欲、自己中心的な生き方などは確かにあるという生々しい事実がある。それをどこかで"それが人間だ"と受け入れてくれている優しさがにじみ出た作品だと思った。