あけぼん

火口のふたりのあけぼんのレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
3.3
被災者のフリはできても被災者にはなれない。

人間三大欲求解放映画。主に性欲なんですけどね。本当にしこたまセックスしてるんだが時折入るラーメンやレバニラが旨そうでいかん。私は完全に食欲に支配された。
もう少しで富士山が噴火してしまう。まるで日本が終わるような語り。そしてそんな中でも2人はセックスに身を投じる。身体の言い分に身を任せる。死と生とがいいコントラスト。欲の赴くままに何かするというのは自由であるようだがある意味で欲の奴隷なんですよね。
このタイトルがどういう意味を持ってこのストーリーに働いていくのか。色々考えると面白いです。