es星は気に入った度合い

火口のふたりのes星は気に入った度合いのレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
3.7
男性が書いた文学的エロスだなと終始思ってしまった。全く同じ設定で女性作家が書いて女性監督が撮ったら全く違う話になりそう。

2人の掛け合いと映像は魅力的。全てを飲み込むような火口を目の前にした時、人間は余りにちっぽけな存在だなと思える。その矮小さ
を繰り返される惰性のセックスが更に際立たせている。