いしい

火口のふたりのいしいのレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
3.5
2人の状況は憧れるものじゃないし、それどころか割と悲惨かもしれないけど、2人の関係性とか、2人の生活はとても憧れる。ああ、大人の男と女だなー、と感じた。

2人ともセックスばっかりしてて、「からだの言い分」とか言ってるけど、結局お互いめちゃめちゃ好きなだけじゃんか、うわー、ってなる。好きなだけなのに、体の相性がとか言い訳してる。きっと。

あとは、原発とか富士山の噴火とか、今の私たちの生活はいつどうなるか分からなくて、いつ愛する人と会えなくなるかも分からなくて、そういう中で、肉体と肉体を合わせる時間は確かなものというか、色んなものが移ろいゆく中で、その瞬間は確かなものなんだよなー、とか思った。