火口のふたりの作品情報・感想・評価・動画配信

火口のふたり2019年製作の映画)

上映日:2019年08月23日

製作国:

上映時間:115分

3.4

あらすじ

「火口のふたり」に投稿された感想・評価

Sachiyo

Sachiyoの感想・評価

3.6
タイトルとジャケットと
柄本佑さんってだけで気になって
見てみたら…驚き。

気付かぬうちにアダルト映画を
自分は見ようとしてたのかと
思うくらい濡れ場多い。笑
ここまでモザイクある映画初です。笑

ベッドシーンを別として
内容はそこそこ面白かったので良き◎

本能と欲望のまま求め合う
2人の演技、演出はなかなかでした。

2人が一緒に入れる時間が
限られてるが故に濡れ場が
多かったのかな…笑

監督は荒井晴彦さんで
海を感じる時を作ってるのを知って
濡れ場多いのに更に納得でした。

2人しか出てこないから飽きるかと
思ったけど濡れ場よりも2人が
会話してるシーンが凄く
良かったので最後まで見れました。

結婚前に…元恋人と…って所は
賛否分かれそうですが。

1夜だけが…5日間の関係になったことで
日にちが短くになるにつれ
切ないシーンが多くなっていくので
濡れ場すら良いシーンに後半は
なっていました。

震災をきっかけに2人の関係が
変化していく後半は
ちょっと切なく良い感じの雰囲気。


確実に好みが別れそうな
濃厚なラブストーリーですが
男性も女性も見れる
ラブストーリーだと思います。


今後の瀧内公美さんと柄本佑さん
期待大です!!
Beths

Bethsの感想・評価

1.5
2019年キネ旬ベストテン第1位

下品で浅い。
本当に1位なのかと疑ってしまうほど酷い。
役者さんの演技は良かっただけに残念でした。

審査員はなぜ評価したのだろう......
大嫌い。
作り手の感覚が致命的に古い。
オープニングから不快。辛気臭くて貧乏くさくて暗くて意味有りげにしたいけど何もない。邦画の嫌いな所凝縮した作品。表現がとにかくつまらん!早く朽ちろ。

5日間セックスと食事を繰り返してるだけなんだけど、邦画に出てくる男って何故あんなにセックスが下手そうなのでしょうか。
映画界の男はみんな下手くそなんでしょうか?下手くそなのがリアルだと思っている悲しい人だらけなのでしょうか?
テク山テク太郎と1日あの生活すればニコニコ微笑むだけの廃人になれるのに、ヒロインは5日間あの生活をしても淡々としていらして、ご愁傷様。としか思いませんでした。
Akochan

Akochanの感想・評価

-
企画担当が、あの元文科省トップの寺脇研だと?!
mayu

mayuの感想・評価

2.6
2020.128本目 WOWOW

ストーリーが入ってこないくらいセックスに溺れるシーンばっかで。
伝えたいことってなにかあったのかな?
わからん。
はにゃ

はにゃの感想・評価

3.8
不純こそ。
sasho

sashoの感想・評価

-
序盤の昼ドラのようなちんけさ。
惰性感漂うものの惰性であることの何某。

2020-258
Saskia

Saskiaの感想・評価

2.8
結婚式を控えた直子が昔の恋人けんちゃんとのセックスが忘れられなくて
セックスしてご飯食べて
セックスしてご飯食べて
セックスしてご飯食べて(以下ループ)合間に雑談とか昔話をするお話。

二人芝居です。ほぼ全裸。
お洋服着てるのが不自然になるくらい。
瀧内公美は体張って頑張ってた。
佑はいつもより気持ち悪かったけどやっぱり好き。

オープニングが昭和漂うピンク映画って感じ。 

ハメ撮り写真が生々しすぎる。
結婚するんだから捨てなよ。
未練たらたらじゃん。

直子はまどろっこしいことしないで
普通にけんちゃんとよりを戻せば良かったんじゃないかな。

ビルとビルの隙間の通路とバスでするのは何なの?
変なAVのプレイになってたけど。
公然猥褻で逮捕されるよ?
ふたりともさかりのついた猫みたい。

うーん…久しぶりに会って昔のことを思い出して止められなくなってというか、まぁただやりたいだけのふたり。
それ以上でも以下でもない。

震災を絡めたがるのはなんで?

ラスト死ぬほど萎えた。
なんじゃこりゃ。

娼年の絡み相手固定バージョンだった。

でもみんなこういうの好きなのね?

あ、セックス映画には間違いないけど
飯テロ映画でもあるので気をつけて。 
三大欲求のふたつ、性欲と食欲を刺激。

ふたりともお疲れ様でした。

─────────────

2020/№322.◡̈*✧🌛
おうち映画№313.

劇場映画№9
繊細な2人の会話も絶妙な塩梅で作られているとても不思議な映画。
完全にナメて観始めたら最後には本当にすみませんでしたってなった映画。

アルマゲドン一般市民編って感じ
えいじ

えいじの感想・評価

3.9
ストーリーと会話のあるAVとか言う人もいますが、この映画2019年キネマ旬報ベストテンの1位なんです。
R18+なので映画の半分位は、そんなシーンなので観るのに注意が必要です。
この映画基本、けんちゃんと直子の会話で話が進みます。
この会話からふたりは強い意思は持たず
その場に流されて肌を寄せあい一時の快楽に溺れるシーンが延々続きます。
これが許せず反感や嫌悪感を抱く人が多くいる原因なのかなと思いました。
今の世間と言うものは、善と悪、敵と味方、白と黒など、物事をはっきりさせないと許さない風潮があるように思います。不倫したら悪であり徹底的に糾弾されなければいけない風潮はその一つでしょう
この映画の二人はそんな世の中に唾を吐くわけでもなくただただ流されグレーにいきているのです。
二人はメッセージを発しませんが観た自分の中にメッセージを内包してしまう
そんな映画ではないでしょうか
けんちゃんと直子、私にとっては愛しい二人です。
>|