タンク・ソルジャー 重戦車KV-1の作品情報・感想・評価・動画配信

「タンク・ソルジャー 重戦車KV-1」に投稿された感想・評価

実話ベースとのこと。戦車って潜水艦みたいな戦い方なんだな。
近年量産されるロシア印のタンクモノ。

例に漏れず、独戦車を次々に粉砕するソ連戦車の無双っぷりを楽しむ類の映画。

大量のイキのいいT-34が画面全体に溢れてるので眼福。
数年前にベトナムから新品同様のT-34がロシアに返還されたので、その影響から銀幕に動き回る実物のt34が拝める昨今のロシア映画は本当に運がいい。

ただ、最後に一番衝撃を受ける展開が、エンドロールの「これは実話である」

実際に十数両の戦車を撃破したkv-1乗りと、女性整備士も実在しているという恐ロシア案件。

独ソ戦はやっぱり狂ってる。

タイトル通り、kv-1(1942型)の重装甲っぷりの安心感が凄い。

あと今作の最大の見どころの一つは、ある事情からメインの戦車兵の面々が、歩兵になることを命じられるんだけども、死刑宣告を受けたように思い詰める面々…

それもそのはず、唯の歩兵部隊ではなく、戦車に騎乗して、戦闘時に降車するタンクデサントの歩兵を命じられたからで、戦車跨上兵の損耗率は、80〜90%でほぼ戦死するか戦闘不能な重症を負うかなので、これはつらい…

独ソ戦の命の軽さみたいな、重苦しい戦場事情も垣間見えて、今作で1番印象に残った場面だった
1両で16両撃破はやばい・・・地味故のリアルさが感じられてよかった。
QuoMorque

QuoMorqueの感想・評価

3.8
KVは2の方が好きなのだけれど、
というのは置いといて、IV号がやられキャラ過ぎで笑えた。まあそういう映画ですから。嫌いじゃない(笑)。ティーガーはいなかったよね、多分。
(CS240 ムービープラス '20.7.2)
HK

HKの感想・評価

3.5
最近多い第二次世界大戦のロシア製戦車アクション映画です。
その昔、タミヤ模型の1/35ミリタリーミニチュアシリーズのKV-1を作ったことがあるので懐かしくて見てみました。

私が作ったのと若干印象が違うのは同じKV-1でも型式が違うからでしょうか(映画の方が角ばってる印象)。

そのとき読んだ説明書には、“たった1両でドイツ軍を足止めして“怪物”と恐れられた、装甲が厚いが重くて故障が多い、ドイツ軍の88ミリ砲を数発くらってようやく動きを止めたが最後まで炎上しなかった・・・”などと書いてあった記憶が・・・。

本作もこれと似たシチュエーションで、たった1両で敵のⅢ号戦車だかⅣ号戦車だか(ティーガー戦車と書いてある解説はマチガイ)を片っ端から撃破します。
ドイツ軍戦車は例によってあきらかに別の戦車を改造したもの。主なドイツ軍戦車は昔ほとんどプラモで作ったのでニセモノはすぐわかります。

なんとこの話も実話ベースらしいですが、KV-1があまりにも強すぎ(1両で敵戦車16両を撃破!敵の砲弾がガンガン跳ね返す!)。
KV-1の装甲が厚いのは本当でしょうが、ドイツ軍主力戦車が正面を砲撃されて1発で炎上なんてあるんでしょうか? それも次々に。ティーガーVSシャーマンならまだしも・・・。

さすがに鬼の指揮官と伝説の女性整備士の夫婦愛のくだりはフィクションのようですが、それ以外もどこまでが実話なのかはかなり怪しい気が・・・
とはいえソ連軍戦車は全部本物だし戦車戦はなかなかの迫力。
戦場での戦車部品リサイクルも興味深く、そこそこ楽しめました。
みや

みやの感想・評価

3.3
今週末からT-34最強ディレクターズカット版191分が公開されるので、景気づけに。

戦車映画で夫婦の愛の映画。
貴方のために修理したの。なんて言われたら惚れ直すわ。

戦車の何が良いって、あの重厚感。丘や森の向こうからモリモリ現れてきた時の絶望ったら。
そして、司令官以下、砲撃準備から発射までの一連の流れの格好良さ。

T-34で、悪い顔のイェーガー大佐にまた会えるのが楽しみでならない。
小森

小森の感想・評価

-
女整備士最強物語。戦車映画って動き地味で苦手かも知れない。
カカオ

カカオの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

ロシアは戦車映画が流行なのか。ドイツを相手にロシアの武勇伝を宣伝する映画に思えたと言えば、ひねくれものと言われるかもしれないが、そのように映る。

1台vs多勢。
かなり不利な状況から、次々とナチスの戦車をやっつける。的確に命中できるのに、コチラは、なかなか被弾しない。

シリアスなクセして、
「んな、アホなぁー」的なミラクルが多いところがガッカリだ。また、こんなロマンス的要素ならば不用だ。

T-34には遠く及ばない作品だ。

ドイツはナチスが勝利する作品を作りづらいと想像する。
QTaka

QTakaの感想・評価

3.0
戦場のスクラップ&ビルド。
戦って、壊す。
拾い集めて、組み立てる。
まるで、街の修理工場のように。
.
戦争映画の中でも『戦車映画』である。
他の戦場と違い、戦車の中で行われる戦闘は、閉鎖空間であり、小さなのぞき窓から相手や戦況をを確認し戦う。それはまるで潜水艦のように。
という戦闘シーンも大迫力なのだが、どうもこの話の本質はそこには無いようだ。
話は、戦場よりも後方に行われている。
つまり、兵站だ。
.
戦場は、第二次世界大戦の東部戦線。
ナチスドイツの戦車群と戦ったソビエトの戦車と共に戦った兵士が主人公。
このソ連軍の戦車KV-1は、装甲の厚さに定評が有り、なかなかやられない。
ドイツ軍の砲弾をその厚い装甲ではじき飛ばしてしまう。
そういう強みが有りながら、大きな弱点を抱えている。
それが、駆動系のトラブル。
重すぎる車体は、防御力と引き換えになった欠点であり、その欠点を補う駆動力が無かった。
何とか修理して、偵察のために、T-34とともに戦場に向かうものの、トランスミッションの故障で後退を余儀なくさせられる。
この場面が、KV-1を象徴する場面となる。
後退するも、戦場に留まったKV-1は、敵戦車を発見し戦闘状態に持ち込む。
ほとんど動けないまま、奮闘する。
これが、この映画のメインシナリオとなる。
とにかく、踏ん張りが利き、頼りになるタンクなんだ。
.
それにしても、故障が多い。
後方の陣地では、修理ばかりしている。
それも、新しい部品では無く、戦場から拾ってきた部品で直すのだ。
廃品回収業か?中古部品でお安く修理できる、街の自動車修理工場か?
とにかく、戦争映画とは思えない会話が飛び交う。
「部品が手に入らない」とか、「壊れた戦車から部品を取ってくる」とか。
揚げ句には、敵に接収され、戦場に放置されたKV-1が最終兵器になるのだから、究極のリサイクル戦場だ。
ホントに、これ事実に基づく映画なの?
「史実に基づく」の点、この話の場合は、後半の戦場の話しがそれに当たるのだろうけど、この後方で行われた、整備、修理の話も本当なんだろうな。
華々しい戦場物語、苦境を跳ね返して戦線を維持し、勝ちきった闘いの裏の部分で、意表をついた事実が満載だ。
そして、最後の壮絶な闘いの結末は…?
相手戦車を奪取して帰ってくるっていうのは、どこかの”戦場物語”で見たような展開だが…
これ、本当に有りなのか?
たぶん、ココ事実なんだろうな。
.
まぁ、戦争映画としては、ちょっと異色かもしれない。
戦場シーンは有るし、その迫力も戦車戦ならではと言えるのだろうけど、戦場よりも後方の車両整備がこの物語の肝だ。
そういう闘いの姿に、リアリティーを見た。
そこに闘いの本質が有った。
あるいは、これは現代ならば、モータースポーツに見る風景かもしれない。
F1(って、まだやってるの?)のファンの多くは、コース上を快走するマシンに興奮するのだろうけど、インディーカーでは、ピット作業やレース中のストラテジーに一喜一憂する。
私は、後者の方だ。
闘いは、コース上でのみ行われているのでは無い。
っと、話がそれたのでこの辺で。
>|