KnightsofOdessa

Venice 70: Future Reloaded(英題)のKnightsofOdessaのレビュー・感想・評価

-
ヴェネツィア国際映画祭の生誕70年を記念した70人の監督による短編集。Filmarksで監督作品全制覇を試みる人間としては、この短篇集とか言うのが最大の敵になってくる。ということで、今回はほぼ全員分観たので監督名順に並べていこう。一番良かったのはモンテ・ヘルマンとブノワ・ジャコー。次点でサミュエル・マオズ、Franco Piavoli、クシシュトフ・ザヌーシ、Athina Rachel Tsangari。ザヌーシのせいで『太陽の年』観たくなったので観てしまった。

★Hala Abdallah
おじさんのシールが貼ってある車の窓から見えるシリアの街並み。

★カリン・アイヌー
湖の中で何かを探す男。

★ジョン・アコムフラー
モノクロNYのポートレート。

★ベルナルド・ベルトルッチ
自分の車椅子の足元を追う。

★カトリーヌ・ブレイヤ
映画とお金について語る監督の後ろから店員たちが居なくなる。

★Júlio Bressane
よく分からないフッテージ。結構没入感がある。

★ラマ・バーンスタイン
口を開けろ!と叫び続ける。ワースト。

★Antonio Capuano
謎のキューブを抱えた緑の髪の少年少女が地下鉄の駅を練り歩く。

★Peter Ho-Sun Chan
巨匠たちの生没年を画像とともに並べただけで、私でも出来る。

★イザベル・コイシェ
家族ビデオに重ねられる監督のナレーション。

★アミエイ・コーティン=ウィルソン
ハーモニカを吹くおじさん。

★ヤン・スヴィトコヴィッチ
子供時代を窓の外から眺める。

★クレール・ドゥニ
カメラに巻いてある布しか見えない。前衛的すぎかよ。

★ラヴ・ディアス
おじいさんが道を通る長回し。

★Amit Dutta
鑑賞できず。

★アトム・エゴヤン
アントン・コービンの展示に行ったときの映像をスマホ越しに。知るかって感じ。

★アレクセイ・フェドルチェンコ
目を閉じた状態で音を聞いて表情を撮る。なんかの実験みたい。

★Davide Ferrario
チャップリンを野外上映で観る人々。

★Frédéric Fonteyne
鑑賞できず。

★ジェームズ・フランコ
コッポラのインタビューから暴力的な映像のコラージュ。終わり方がダサい。

★Lluís Galter
浜辺で環境を破壊するショベルカーを指差す子どもたちのスローモーション。

★ハイレ・ゲリマ
監督のアフリカ映画に対する思い。監督作『三千年の収穫』も引用。

★アレクセイ・ゲルマン・ジュニア
荒野に集まった青年たちに訓示を垂れるおっさん。

★アモス・ギタイ
1分半ですら伝わるつまらなさ。ここまでくると笑えてくる。モノローグ大好きかよ。

★モンテ・ヘルマン
モノクロ映画が徐々に色を得てくる映画史回顧。これは素晴らしい。ベスト。

★ホン・サンス
タバコミニケーション。

★ブノワ・ジャコー
女優が可愛すぎる。この人に睨まれ続けたい。ベスト。

★ジャ・ジャンクー
古い中国映画観てキスするカップル。あの映画やっぱり『神女』だよね。

★セミフ・カプランオール
暗すぎてよく見えないが、多分木だと思う。もう少し明るくても良いんじゃないか。

★シェーカル・カプール
音楽が調子はずれ過ぎて笑った。

★アッバス・キアロスタミ
水をまくおっさんを撮影する子供。

★キム・ギドク
老母に美味しそうな料理を作ってもらう。正直そんなに美味しくはなさそう。

★マルレン・フツイエフ
サイレント映画に時代を超えさせ、映画史を再現する。

★ヨルゴス・ランティモス
少女の決闘 ラストが面白い。

★パブロ・ラライン
セーリングをするお兄さん。

★トビアス・リンホルム
戦場のトラックが戦闘に巻き込まれる瞬間。

★グイド・ロンバルディ
ロマンス映画のラストシーンでそのままキスし続ける。

★Jazmín López
唐突に始まるレズビアン関係。

★ミルチョ・マンチェフスキ
強烈。中国で轢かれた青年の動画を観ながら、隣に棄ててあった赤ちゃんは素通りする。

★サミュエル・マオズ
アホっぽい『第三の男』のパクリ。最高。

★ピエトロ・マルチェッロ
映画史回顧。フツイエフとヘルマンの方が明らかに上手い。

★Franco Maresco
ヴェネツィア映画祭のアイコンである獅子を食べるおじさん。だから何やねん。

★Heeraz Marfatia
鑑賞できず。

★ブリランテ・メンドーサ
貧民街で映画を撮る本人。

★Salvatore Mereu
山岳地帯でヤギを飼う青年。

★Celina Murga
映画館で映画を観る子どもたちの表情。

★アミール・ナデリ
砂嵐→魚の死骸→日本のフィルムセンター。

★Shirin Neshat
オデッサの階段をコマ落とし&逆再生。

★エルマンノ・オルミ
フィルム技師のお仕事。

★Nicolás Pereda
カップルの駄弁り。

★Franco Piavoli
山火事→子供の顔のモンタージュ。最高。

★Giuseppe Piccioni
パーティで女性がカメラと共にスライディング。なかなか良い。

★Michele Placido
"映画の未来ねぇ…"と言って監督がよく分からん骸骨見せてくる。

★エドガー・ライツ
イメージの氾濫にカフカで挑む。

★ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
溝口健二とパオロ・ローシャの墓参り。

★ウォルター・サレス
コンクラーベの時のバチカン。

★ポール・シュレイダー
体の周りにGoPro括り付けた監督が喋り倒す。リアクション芸人みたい。

★ウルリヒ・ザイドル
三人の黒人が"問題ない"と言い続ける。

★Luca Severi
鑑賞できず。

★園子温
女子高生に囲まれて楽しそうでなにより。

★トッド・ソロンズ
中国語で俳優とかの名前をGoogleに読んでもらう。再生回数の低いYouTuberみたい。皆60~90秒なのに、コイツだけ180秒も使ってる。

★ジャン=マリー・ストローブ
一枚の画像と全部字幕処理。やる気あんのか。

★Tusi Tamasese
瞑想してるおばちゃんに何かを差し出すおっさん。

★Tariq Teguia
揺れるカーテンと編集する監督。

★Pablo Trapero
ちょうどドリス・デイの"ケ・セラ・セラ"流れて泣く。

★Athina Rachel Tsangari
海岸に置かれた映写機が会話する。天才的。

★塚本晋也
可愛らしい寸劇。子供同士の遊びにしてはクオリティの高さ。

★Teresa Villaverde
ピンぼけ映像のコマ送り。

★ワン・ビン
農業労働者の食事風景。ワン・ビンっぽい。知らんけど。

★アピチャッポン・ウィーラセタクン
フロントガラスに当たる雨。

★Andrew Wonder
鑑賞できず。

★Yonfan
高画質な京劇。

★クシシュトフ・ザヌーシ
ゴミ回収→フィルム回収→『太陽の年』のラスト。自分の作品引用うますぎかよ。観たくなった。