映画プリキュア ミラクルユニバースの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

「映画プリキュア ミラクルユニバース」に投稿された感想・評価

singer

singerの感想・評価

2.2
上の娘が6歳、下が4歳って事で、
ようやくどっちも映画を楽しめる年頃になってきたのですが、
どうも、ウチの娘らは映画館の暗さや、大音量や、
映画ならではの「悪者」の豪華さに怖さを感じるみたい。

なので、今回は半ば強引に劇場に連れてったんですが、
まぁやっぱり、それ程楽しめなかったようでした。

プリキュアの映画というと、前作のオールスターズメモリーズが、
本当に最高傑作級にに素晴らしく、
個人的にはもう、この作品を越えるのは困難だと思ってたんで、
やっぱりなぁという感じでしたが、
ちょっと作品のストーリーや、ミラクルライトを使った応援も、
マンネリ化しちゃってるなぁという印象でした。

キャラクターを新作と、過去2作のプリキュアに絞ることで、
少しはストーリーに奥行きや、楽しさが増えるかなぁと思ってたりもしましたが、
ここ数作では、そこまで大きな効果は感じられなかったし、
子供と一緒に大人も楽しめるというものではなくなってきたかなぁ。

でも、これで良いと思うというか。
今回の映画で、初めてプリキュアをスクリーンで観る子供たちにとっては、
特別な作品になるだろうし、
そういう安定した作りや、不変のテーマやメッセージは、
子供たちの映画には絶対に必要なものだと思うので、
これからもずっと変わらず、作品が続いて行くと良いなぁと思います。

ちなみに、次は「トイ・ストーリー」を観に行こうと、娘たちを誘ってみましたが、
やんわりと断られたので、しばらくは親子鑑賞は出来なそうですね。
でも、やっぱり娘と映画を楽しみたいという、ささやかな夢があるので、
諦めずにボチボチと誘って行こう思います。
娘と一緒に映画館で鑑賞。娘の映画館デビューということで、最後まで観れるかなー?と心配してたのですが。なんとかエンディングまで観れました。でも、さすが映画館。暗闇での音響効果に、途中の戦闘シーンで半泣きに。ストーリーは子ども向けゆえ軽めでしたが、感情移入してプリキュア頑張れー‼️と叫ぶ娘の姿に観てよかったと思った母でした。
大きいお友達も一緒にライト振って応援したかったです
WEST

WESTの感想・評価

2.0
公開日最速上映で観たのに、放置してました。
ここ最近のプリキュア 映画は大人にも応えるボストーリーでしたが、今作は一旦本来のお客さん向けに戻した感じ。
それ故に、唐突な話の展開や、語られないキャラクターの背景などもうちょっと欲しい所は多々あります。

ミラクルライトの秘密が語られるかと言えば、特段そんなこともない。
プリキュアを応援する気持ちから生まれているのかと思ってたら、実は工場でひよこの見た目の異星人がせっせと作ってましたという知りたくなかった事実w

ゆかりとあきらが公式CPになっていた。
プリアラを見ていない子供さん達にはあきらさん男の子に見えるんじゃなかろうか。

残念なところは、話の作りが大人にはウケにくいというとこよりも、微妙にオールスター感を出そうとしていたところとその演出が雑。
それと、最後の大技がキュアスターとその他の様な演出になっていたところ。

テレビ本編はそれぞれのキャラクターが描かれて面白くなってきているので、秋の単独映画は是非期待したい。
出だしからダメ臭が漂ってる。劇場版プリキュアは歌も大事なので、しっかり演出して欲しかった。変身バンクを迫力たっぷりの劇場で拝める点以外は見どころに欠ける。序盤の戦闘はまだ良かったが、後半は敵がデカすぎるからかプリキュア個々の戦い方がイマイチ迫力に欠ける。
昨秋の劇場版がオールスターだったから、比較してしまうというのはあるかもしれないが、もう少し頑張って欲しかった。キャラクターの多様化とかは時代の流れなので理解出来るが、話としては王道を突き進んで欲しい。
beaton

beatonの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

平成最後の映画鑑賞は小1になった娘とプリキュア。廻りの子供たちが幼く見えるのに軽い驚き。
内容はお約束通り。以上でも以下でもない。

世界を闇に閉ざそうとする敵に新人プリキュアが先輩プリキュアに励まされながら力を合わせて立ち向かい、危機になると観客がミラクルライトで応援。最後はみんなが思いを一つに勝利し、少し成長したプリキュアが誕生。

次の秋が本番だと、期待します。
MASARIDER

MASARIDERの感想・評価

3.0
付き添いで鑑賞。

子ども心が良く分かっている人携わってるんだろうなと感心しました。


春映画ではひとりで焦ったり困ったり
いろんな表情をしていたちゃんはなが
先輩になっていてまたひとつ時代が
変わることを意識しました。
ミラクルライトを作る工場という
場所、設定も結構好き。
ただ知らないうちに公式が病気
レベルのあきゆか推しに…!?
せっかくなのでもっともっと
スタプリを堪能したかったなぁ。
秋映画に期待。
り

りの感想・評価

-
ミラクルライト振るシーンで、枠外にいるフワがちょっと得意げな顔してるのが可愛い
>|