ラン・ローラ・ランの作品情報・感想・評価

「ラン・ローラ・ラン」に投稿された感想・評価

Alina

Alinaの感想・評価

3.5
走る。走る。走る。
疾走感が面白かった。

コミカルな話ではないけれど、コミカルな印象。
ひたすら走る!

映画らしさはあまり感じられなくて、どちらかというと実験映像のような感覚でみてしまいます。
観終わった後の爽快感で走りたくなりました。
アグレッシブかつセンセーション!
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
非常にテンポよくストーリーが進み、
BGMや効果的な演出で飽きさせまさん。
色んな意味で裏切られる展開にニヤニヤします。
あまり細かく言うとネタバレになるので控えますが、
え?え?と驚き、そこからその世界観に入り込めると思います。

オチが弱かったかな?
でも面白かった。こちらまで走りたくなるし、ゾッコンになる。
h

hの感想・評価

2.4
記録
96さん

96さんの感想・評価

4.0
スピード感最高!

3回見たけど

やっぱり面白い。

フランカは決して

美人ではないけど

何この肉感。

素敵!

これはオススメ。

映像も

この時期としては斬新。

刺激が欲しくて

疲れてない時に

Good!!
動物は走る衝動体。

恋人のマニ(モーリッツ・ブライプトロイ)を救うために、走り続けるローラ(フランカ・ポテンテ)の物語。
20分で10万マルクを用意しなければならない設定も無茶な感じだが、それを3パターンのストーリーを描いており、さしずめ漫画かゲームかといった趣の作品だ。失敗、惜しい、成功といった展開になるのだが、それぞれローラが疾走し、演じるフランカ・ポテンテの鍛えられた筋肉はクール&エネルギッシュでその力強さを映像で感じることはできる。
また、同じようなシーンが3回も続くがカメラワークやコミカルな展開などで、飽きのこないような工夫がいろいろとなされている。ただ、アニメなどでインパクトを狙った演出があるが、少々浮いた感じがでして、どうもいい効果をもたらしているとは感じられなかった。
あと、それぞれのオチがちょっと強引で練りきれていないことが2本目終了時にわかる。3本目を心配しながら観つづけているとそのとんでもない方向に物語が進んでいくものだから、どこまで無茶苦茶になるのかと思いば、意外にスマートな終わり方でちょっと物足りない感じになってしまうのだ。観賞中の躍動感100点、観賞後の爽快感50点といったところだろうか……。
Yucky1018

Yucky1018の感想・評価

3.5
公開当時CMを観てめちやめちゃ気になってたのにようやく今観るという。。。
90年代頃やってた日本のドラマ「ifもしも」を思い出した。
この映画も"あの時もしあーしていたら"とかたらればの、再度やり直しする話。
そもそもローラが超人過ぎて酷い。笑
音楽と相まって気楽に流し観できる感じは良い。
いか

いかの感想・評価

3.3
何も考えずにただみて!最高!
キャラクター達の細かい背景・心理描写は最低限に、没入・体感をひたすらに追い求めた作品。緊張感ある音楽に見る側もせき立てられる…
小さな違和感は御構い無しに、ひたすらにストーリー展開も全力で駆け抜けていく。
>|