ラン・ローラ・ランの作品情報・感想・評価

「ラン・ローラ・ラン」に投稿された感想・評価

shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.5
良かったね
haruka

harukaの感想・評価

4.0
この短さ、音楽との融合、走る走る走るローラ!ちょっと長めのPVを観終わったような爽快感で、あとから疑問がわいてきてもまあいいか、と思える不思議
movieman

moviemanの感想・評価

2.7
大金が用意できないと悪い奴らに殺される
それを助けるためにローラが走る話

3つの違うパターンが一つの映画に集約された作品
斬新な設定で新鮮さはあるものの…
それ以上のものはない気がする
NYoLo

NYoLoの感想・評価

3.4
TVでやってる鬼滅の刃をチラチラ観ながらの鑑賞となった、TSUTAYA耐久レース、第10弾

‥‥鬼滅の刃面白いなぁ。
ごめんねローラ。めっちゃ走ってたのに。

いやいや、ちゃんと観たけれど。

公開時にかなり話題になっていた気がする。赤い髪の女の子がひたすら走る映画、ということしか知りませんでしたが、もしもあのときこうしていたら、っていうシチュエーションムービーだったんですね。

階段を下りるときから運命は決まっている。ローラの運命が変わると、袖振り合う多少の縁の方々の運命も変わる。その辺が面白い。さくっと気楽に見られますが、一期一会なモブの方々がもう少し伏線になってたら楽しかったかな。

それからローラとマニのラブストーリーがもう少し強めでも良かったかも。メロス並みに走りますからね。メロスの走りは見たことありませんけど。

とにかく、走るローラが逞しい。差し込まれるアニメーションと音楽がポップで楽しかった。
TVも気になる!ってときにピッタリ←ゴメン。
ふふい

ふふいの感想・評価

3.8


サクッと観られる短さに似合う疾走感🏃‍♂️
難しいこと考えなくていいバタフライエフェクトみたいなかんじ。


つい最近みた逃走中のおなじみBGM、この映画から来てたんですね。
冒頭と途中途中に始まるアニメーションがカッコいい!
ローラがちょっとずつ時間短縮することでどんどんタイミングがずれて、いい方向に転がったり悪い方向に転がったりするのがまさにバタフライエフェクト。ローラとどの時点で出会ったかでかなり未来が変わっている人たちがいるな〜
走っている姿を見るだけなのに飽きないのがすごいです。カット割が斬新なのもあるけど、1.2.3回目のちょっとした差異がわかりやすいのも原因の一つかな。

ゲイリー・オールドマン似のホームレスの人が多少使ってたと思うんだが、10万マルク足りてたのかな?



全然関係ないんですけど、最近ドイツの映画見過ぎてI don't knowにあたるドイツ語を聞き分けることができるようになりました。学習している
seta

setaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

途中、アニメで進行するのが斬新。
ただ薬を売ってるダメ彼氏の為に奔走する主人公に感情移入が出来ず。
叫ぶとガラスが割れる、リゼロみたいにやり直せる世界、カジノで連続で勝てる能力が理解できなかった。超能力ってこと?
解説サイト見ないと分からないかも。
私的人生に措ける映画ベスト7です。
なにこの恰好いい冒頭とテンポ! これを公開当時に映画館のでかいスクリィンで観られたのはすごい幸運だったしそんなことは公開当時から解っていたけど一方で早くこれがDVDとかになっていつでも観られる環境になってほしい!と公開中から望んでいたのも事実。
mochi

mochiの感想・評価

4.6
ようやく観れた。最高すぎ。テクノイリュージョンムービーって聞いてたけどまさにその通りだわ。
この映画での「走る」という行為は、人生を強調したもの。走るたびに生じる微妙な相違点が結局、周りの人々や自分に異なる影響を与えてゆく。人生も同じ。意図していようがしていまいが、自分の一つ一つの選択が、自分と他人に大きな差異を生む。我々はある意味では自由であり、ある意味では自由ではない。他者の影響を受けながらも、他者に影響を与える存在である。
そして、我々の選択とはなんだったかは終わってみなければわからない。最初2回はまさにこのことを表しており、映画の冒頭で提示されたメッセージの一つとなっている。
映画の最初で言われた一つの問いと一つの答えがなんなのかはわからない。が、人間が問いを発することができる原因は、可能性の認識なのだと思う。「あの時ああしていたらどうなっていただろう?」ということを考えることで、問いを発することができる。これはちょうど映画冒頭のもう一つのメッセージにかかわる。次どうするか、は以前ああしていたらどうなっていたか、を考えることなのである。そして、この可能性を実際に表したのがこの映画である。
YK

YKの感想・評価

3.5
表象文化の授業で鑑賞。
人生は選択の連続とはよく言うけど、ある些細な行為でもそれを行ったり行わなかったり、タイミングが少しずれるだけで、自分や他人の人生にまで大きく影響を与えている。タイムループ系の中でもこれはなかなか面白かった!
>|