3Dメガネ

アスの3Dメガネのレビュー・感想・評価

アス(2019年製作の映画)
4.1
【U.S.】
.
.
.
.
サンフランシスコの別荘で
優雅に暮らす四人家族
ある夜、突如家の前に佇むのは
自分たちと同じ顔をした四人の“私たち”
.
.
.
.
本作はホラー映画である。
突如現れた4人の“私たち”は大きな
植木ばさみを持ち、襲いかかってくる
家に入り込み、手錠を掛け語りかける
私達は影であり、アメリカ人であると
.
.
.
.
“自分自身が最大の敵”であると監督は語る
自分の奥底で眠る影、内面化された自己
表面で生活している外向きの自分は
果たして本当の自分なのだろうか
この作品の原題は"us"
これはアメリカとも読むことができる
.
.
.
.
ホラーテイストでありながらかなり社会派
声を上げることのできない内面化された自分
それをアメリカ人と表現している
現在の政治体制は洗脳の結果だと言わんばかり
.
.
.
.
『ゲットアウト』然り、ホラージャンルに
社会問題を絡める監督
現在アメリカで起きている様々な問題を
怒りや、説教という捉え方ではなく
恐怖であると捉えた。
対象者が抱く感情は恐怖なのである。