Aoi

アスのAoiのレビュー・感想・評価

アス(2019年製作の映画)
3.8
ホラー系は苦手なので怖いシーン半目で観ていたけど話は追えているはず…笑

舞台であるカリフォルニアのサンタクルーズに行ったことがあったので、個人的にはそこで戦慄していた。

主人公アデレードの幼少期のトラウマ体験。不穏な音楽を背景にたくさんの兎たちが映されるイントロ。伏線に胸がざわざわさせられる…

自分たちの姿をした“彼ら”との遭遇シーンは、得体の知れないものに対する恐怖と意味が分からない滑稽さがあってかなりシュールだった。

そっから怒涛の展開で繰り広げられる彼らとの死闘と主人公家族が覚醒していく姿が狂気じみていた。人間の醜い部分が炸裂している。

設定と前半の伏線から何となく予想できる展開だったけど、最後のオチも観客に不気味な余韻を残す。

監督のアメリカ社会に対する批判が痛切に込められたこの作品。
USのダブルミーニングや、エレミヤ書11章11節、スマートスピーカーの名前がオフィーリアとか、細かいところもあとで意味を知るとさらに震え上がる映画だった。